海外でVPN接続でもHuluが見れない理由

海外でNetflix, Huluの日本版を見るならVPN接続。というのが当たり前になっている現在。海外在住者でVPNという言葉を聞いたことがない人は少なくなってきています。しかし最近では、NetflixやHuluがVPN接続に繋げても見れない状況が広がってきています。今回はその理由をご説明しましょう。

海外では日本と同じようにネットはできない

何気なく使っているインターネットですが、実は日本国内にいると全く気がつかないことがたくさんあります。海外在住になってからYouTubeの特定の日本のコンテンツが見れなくなるなんてことを知ることになるわけですが、実は海外に行ってみると日本で当たり前に見れていたものが、国外のため視聴できないということが多くおきてきます。

Yahoo日本のトップニュースの動画なども

というような画面が表示され、しばしば海外からはニュースの動画も見ることができません。このようなサイトは多く存在し、海外に行ってから初めてそれに気がつきます。意外と多くのサイトが国外からのアクセスを禁止しているのです。

日本国外からは映像を視聴できません。

というエラーが出る原因は、アクセスしている機器が海外にあるためです。海外で使っている機器は、プロバイダー(海外)に接続しインターネットに繋がっています。インターネットでも電話と同じように、実は電話番号というものが存在します。ただ電話と違い目に見えるものではなく、サイトにアクセスするときに電子情報として使われているもので普段渡したの目には触れませんが、裏では電話番号のようなもので通信をしているわけです。

例えば、Hulu日本にアクセスする場合、アメリカのAT&Tでのサービスを使っているスマホであれば、Hulu日本のサーバーでは、アメリカのAT&Tで使っている携帯からアクセスされているということがわかるようになっています。その為、サーバー上でアメリカからのアクセスにはこのエラーを表示。というプログラムをしている為、基本的に普通にHuluにつなげば拒否されるわけです。

VPNでHuluが見れなくなった理由

そこで数年前から流行っているのがVPN接続という方法です。VPNというアプリをインストールし、接続キーをスマホに入れることでAT&Tのスマホは、一旦日本にあるVPNサーバー(業者)につながります。その業者から直接Huluにアクセスすることで日本間での接続ということになり、VPNの接続をすることでHuluへのアクセスが海外でもできるようになったのです。

ネットの記事で2021年のお勧めVPNとか、繋がるVPNというような記事を見かけますが、これは去年までは使えていたVPNが使えなくなり新しいVPN業者を求めている人が多いのだと思います。

VPNのサーバーは日本に設置しなければなりませんが、業者に委託したサービスの場合は、業者の情報を使ってHuluにアクセスします。つまり

海外の携帯=VPNサーバー業者(日本)=Hulu(VPNサーバー業者の番号)

というアクセスになります。この電話番号は共通のためユーザーが多ければ多いほど同じ電話番号からのアクセスが集中することになります。Hulu側で同じ番号からのアクセスを規制すればこれらのユーザーは一気にアクセスができなくなるという仕組みです。

近年HuluがVPNで見れたり見れなかったりというのは、多くの場合はこのケースになります。

Huluが実施しているもう1つの規制

VPNの業者は次々と新しい電話番号を使ってIPアドレスをリサイクルしてくるのでいたちごっこが続きます。そこで近年登場したのが、物理的ロケーションの確認です。海外のスマホでHuluにアクセスする場合は、必ず海外のキャリア(ここではAT&T)を通りますのでHulu側でどのキャリアからアクセスしているか?というチェックプログラムを走らせておくことで2重の規制強化をすることができます。

この情報は、残念ながらVPNでは丸見えですので、基本的にAT&Tで契約している携帯電話から日本の電話番号を使ってアクセスしている接続。という記録がHulu側に残ることになります。このことでこれは国外のアクセスという形で振り分けを行うことができるのです。

このようなキャリアの情報(プロバイダー)は、残念ながらその機器が本当に物理的に日本にない限り変わらない情報ですので、近年HuluがVPNでも海外から見れない。という状態が起きているのです。

回避策はこれ!

このように多くのサイトが個別に規制を実施している為、これまで主流であったVPNの接続のみで国内のサイトの閲覧を海外からするのは難しくなりつつあります。

  1. SIM情報からキャリアを特定する規制
  2. アクセス元のIP番号をピンポイントする規制

これらの規制をされますとどんなVPN接続を使っても結果は同じになってきます。この2つを回避するには、SIM情報を使わず日本の家庭のIPでアクセスすることで可能になってきます。

WatchJTVのVPNXというシステムは、上記の2つをクリアーするために設計された海外在住者のためのVPN接続機器です。WiFiに繋ぐだけで日本の自宅経由でアクセスが可能となります。

VPNXは、自宅に機器を設置することで自分のディバイス情報を使いません。モバイルのSIM情報を使わずWiFiで接続をするため、アクセス元の機器が何であるのかがわからなくなります。その為、SIMカードの情報を送信せずVPNに繋げるので2重規制にはかからなくなります。

また、日本に設置場所がある方であれば日本にVPNサーバー(親機)を設置し海外のVPNXと紐づけることで自分だけが使えるVPNの構築が可能です。海外からWiFiで繋ぐだけで日本の自宅経由で利用できます。

自宅経由で利用する為、HULU側には自宅からのアクセス情報が届きます。自分一人しかアクセスできない電話番号ですので2重規制の対象とはなりません。

VPNというのは、日本の自宅を経由させることが一番安全で確実で規制の対象にすらならない方法になります。

Amazon Fire Stickが便利!

スマホでHuluを見るのもよいのですが、やはり大迫力な映像はテレビで見るというのは理想です。日本にご帰国の際は、Amazon Fire Stickをご利用になるとこのStickのWiFiをVPNXに繋げるだけで日本のコンテンツが映るようになります。

Amazon Fire Stick

日本へのご帰国予定がない方であれば、AppleTVであれば世界共通ですのでこちらをVPNXのWiFiにつなげば海外で購入したAppleTVも丸ごと日本仕様で利用できるようになります。

VPNX1台で家中全ての機器を日本経由に

VPNXには何台でもWiFiにつなぐことができますので、PC、スマホ、AppleTV, Amazon Fire TVなど様々な機器を必要に応じて日本経由にすることができます。アプリも設定も一切不要なので誰でもWiFI切り替えだけでご利用いただけます。

テレビに取り付ける、AppleTV, Amazon Fire Stickなどは常時VPNXに接続しておけば、テレビをつければいつでも日本のコンテンツが見れる状態にしておくことが可能です。

海外のテレビは日本のコンテンツは映りませんが、VPNXを導入されると家中が日本のコンテンツで賑わいます。

日本の自宅にVPNサーバーを設置した場合、海外からのアクセスに規制がかかることはなくなります。