海外からAppleTVをVPN接続する方法

面倒な設定もインストールも一切不要!AppleTVをWiFiに繋ぐだけで日本と全く同じ環境でAppleTVをご利用いただけるようになります。(Amazon Fire TVでも同様。)

新しいVPNXでは、日本の自宅経由で繋がるのでVPNの規制がされているコンテンツでも海外からでも規制されることはありません。

HULUがVPN経由で見れない理由はこちらをご参照ください。日本の自宅に設置場所がある場合は、弊社のVPNサーバーとVPN子機セットであれば規制がかかることはなくなります。

なぜ自宅VPNなのか?

海外からオンディマンドコンテンツの視聴ができないので市販のVPNサービスを利用する人が増えています。しかし、この方法では定期的に視聴できるコンテンツに規制がかかりまた次の方法を堂々巡りするというケースが増えています。

VPNの接続が規制されてしまうのは、その接続元が自宅回線ではない為です。VPNで接続すると接続元のIPアドレス(電話番号のようなもの)が相手側に表示されます。この番号が個人の住宅地でない場合、規制がかかり視聴ができないということが起こります。

そこで、自宅にVPNサーバーを設置することで自分の自宅を発信元にすることができます。このことで規制の対象とはならず海外からでも日本と同じようにコンテンツへのアクセスができるようになります。設置はとっても簡単です。

用意するもの

AppleTV(世界のどこの国からご購入されても構いません。)
HDMIケーブル1本(AppleTVには付属しておりません。)
VPNサーバー+VPNX子機セット

AppleTVはApple社から発売されているテレビのHDMIとインターネットに繋げて利用するストリーミング機器です。残念ながら海外からは日本版のコンテンツを利用することができませんが、AppleTVをVPN接続することで日本のコンテンツを海外でもお楽しみいただけるようになります。その手順をご案内してゆきます。

手順

VPNサーバーを日本の自宅に設置、VPNXは海外のご自宅にそれぞれ設置します。VPNは手のひらサイズの小さな機器なので邪魔にならない小型サイズ。渡航の際にお持ちください。(すでに海外におられる場合は別々に配送も可能です。)

付属のLANケーブルをルーターに繋げ電源コンセントを繋いでください。電源スイッチはありませんので設置はこれだけです。

日本、海外同様に行ってください。日本のVPNサーバーがインターネットに乗り次第エンジニアが設定を行います。設定が完了しますとWireGuardの接続キーを発行いたしますのでモバイルやコンピュータにインストールしてすぐにご利用いただけます。

子機の設置が完了しましたらこちらで親機と紐付けを行います。完了しますと子機から日本に繋がるWiFiが出力されます。AppleTVやAmazon Fire TVなどをWiFiでつなげてください。

お好きな機器をWiFiに繋げて日本接続でお楽しみいただけます。

業界最速WireGuard

日本の自宅と海外のVPNXは、VPN業界で最速のWireGuardで繋げます。従来のOpenVPNとは違い4倍以上の速度が出るようになります。

VPNの設定ができないAppleTVやAmazon Fire TV、さらにはプレステや任天堂などのゲーム機などもWiFiに繋ぐだけで日本と同じ環境でご利用いただけます。