超簡単に日本に繋がるVPN

今や星の数ほどあるVPNですが、面倒なインストールも設定も一切なくWiFiにつなぐだけで日本の回線に繋がるようにする事ができる機器があるのご存知でしょうか?オンディマンドコンテンツが充実してきている時代だから一家に1台WiFiで日本に繋がる環境は海外生活でとっても重宝してきます。

VPNとは?

VPNというのは、バーチャルプライベートネットワークといってわかりやすく言えばドラえもんのどこでもドアのようなものです。のび太くんの部屋に設置されたどこでもドアを開くとドアの先は別の場所になりますよね。誰でも一度は欲しいな〜と思う道具の一つです。

どこでもドアはなぜ必要なのかと言えば、簡単に別の場所に行くためですよね。ドアを開ければそこは実家(日本)。だったら本当に便利ですよね。海外にいるとそう簡単に日本には帰れませんからドアを開ければ〜日本。なんてドアが売っていれば絶対欲しいです。(笑)

話がそれましたが、実はインターネットの世界では、どこでもドアがすでに存在します。アメリカに住んでいるのにWiFiに繋げばそこは日本。という事が既にできるようになっています。これをインターネット上で行う事ができるのがVPNというものです。VPNという言葉は聞いた事があってもよくわからないという人は、どこでもドアを連想していただくとわかりやすいと思います。つまり、アメリカにいるのに日本のインターネットに繋がるという事ができるのです。

なぜVPNが必要なのか?

日本にいるとなかなかわかりませんが、実は海外でインターネットを繋げると今までみれていたサイトに繋がらないという事に気がつきます。Yahooのニュースの動画などもそうで、

そうなんです。海外に住んでいると日本国内の時には見れていたものが見れないという事が起きてきます。YouTubeのコンテンツもそうですし、インスタなどのSNSでも地域によって見え方が違うという設定がされており、なかなか繋がりたい人と繋がれないなんていうことも知らずのうちに起きています。そんな時 

どこでもドア〜 

WatchJTVのVPNXを海外の自宅に設置しておくと、日本に繋がるWiFiがつくられます。そのWiFiに携帯やコンピュータ、AppleTVやAmazon Fire TV、さらにはゲーム機などを繋げば繋いだ先は日本のネットワークになるのです。

つまり、日本にいるのと同じ環境でインターネットが使えるというわけです。

必要なもの

導入はとっても簡単です。

VPNX(海外に設置)

たったこれだけです。必要なケーブル類はすべて梱包しておりますので、お荷物が届きましたら、

  1. 電源コンセントに繋ぐ
  2. LANケーブル(同封)を自宅のインターネットに繋ぐ

たったこれだけで自動でVPNXという名前がついたWiFi名がでてきますのでお手持ちの機器でそのWiFiに繋ぐだけで完了します。

接続可能な機器

WiFiに繋げる機器であればどのような機器でも日本接続ができます。iPhoneやアンドロイドはもちろんのこと、iPad、コンピュータ、AppleTV、Amazon Fire、Alexa、ゲーム機などなど。日本からお持ちになったブルレイレコーダーなども接続できます。とにかくWiFiに繋げればその先は日本に接続しているのと同じ環境になります。

AppleTVとAmazon Fireを使う時に1つ注意していただきたいことは、AppleTVは世界共通なので世界中どこで購入してもかまいませんが、Amazon Fireは日本での購入が必要という点です。Amazon Fireは、ハード機器の仕様で販売国にしかつながらないようになっている為、アメリカなどで購入しWiFiに繋げても2本にはつながりません。AppleTVは、世界共通なのでWiFiに繋げれば日本経由になります。