100%VPN規制にかからない方法

海外に住んでみるとこれまでの様に日本の情報が簡単に手に入らないことが多くなります。例えばYahooの日本のニュースなど普段何気なくみているものも海外からは視聴できませんし、HuluやTverなどの日本のコンテンツも残念ながら海外からの視聴はできません。最近では若者が利用するTicTokなども自分の配信したい人に配信できないという事例が報告されています。

これは、コンテンツフォルダーから地域規制によるもので海外のインターネットからのアクセスは日本国内経由ではない場合規制がかかることがあります。簡単な解決策としてはVPNという接続方法がありますが、最近ではVPN経由での閲覧も規制されてくるケースが増加しています。

VPN接続でもアクセスできない?

近年VPN経由でも特定のコンテンツにアクセスできないケースが増えてきています。先月まではアクセスできていたVPN業者でのアクセスが急にできなくなるというコメントをTwitterなどでも見かけます。

インターネットの接続においてはIPアドレス(電話番号のようなもの)で発信元のIPアドレスが表示される仕組みになっています。つまり着信記録がつくので誰からの発信かIPアドレスで簡単に判断できるようになっています。

VPN業者で契約しアクセスする場合、業者のIPからの配信元ということで着信記録がつきます。その場合その番号をブロックすることで着信拒否ができるわけですが、業者からのアクセスの場合は一度に数百人が同じサイトにアクセスしてくるためこの接続を規制するということがあります。

日本の自宅のIPなら規制されない!

日本の自宅で契約しているIPは、個人宅用IPになっていて、業者のIPと区別することができます。その為、同じVPN接続に見えても業者発のVPNなのか?個人宅発VPNなのかはIPを見れば簡単に判断できます。

VPN接続をしているのにもかかわらず海外から日本のコンテンツにアクセスできない理由は、IPアドレスの発信元規制となります。

これらの地域規制はコンテンツホルダーが独自にかけるものでどのサイトも様々な規制が存在しなかなか一筋縄での解決策はありませんが、たった1つだけ確実に回避できる方法があります。

それは、日本のご自宅にVPNサーバーを設置する方法です。この方法であれば自宅のIPアドレスを利用できるため規制対象になりません。(規制されれば日本の方も使えなくなりますので規制の対象にはなりません。)

WatchJTVがご提供しておりますVPNサーバー+VPNX(子機)セットは海外からVPN接続を確実にされたい方のために設計しております。設置はとっても簡単です。

ステップ1

日本の自宅にVPNサーバーを設置(設定は一切ありません)

ステップ2

海外の自宅にVPNXを設置(設定は一切ありません)

ステップ3

海外の自宅のApple TV(世界共通)またはAmazon Fire Stick(日本から購入)をテレビに繋ぎWIFIでVPNXに繋ぎます。

たったこれだけでAppleTV, Amazon Fire Stickが日本の自宅に設置したのと同じ環境になるわけです。自宅さえあればとても簡単に導入が可能です。この方法であれば物理的にVPNサーバーは自宅に設置されており自宅日本からコンテンツホルダーにアクセスする為、例えVPN経由であろうともそのアクセス元のIPアドレス情報から日本国内からのアクセスとみなされ規制されることはありません。

海外に設置したVPNXからは日本につながるWiFiが出力されます。お手持ちの携帯、iPad、コンピュータ、ゲーム機、Alexaなどいかなる機器も丸ごと日本経由でつなぐことができる様になります。

設置のみで設定は一切不要です。(弊社が遠隔より行います。)WiFiにつなぐだけで日本からお持ちの通信機器をすべて日本経由で接続することが可能となります。

ソフトのインストールも一切ありません。ただWiFiにつなぐだけ!どなたでも簡単にご利用いただけます。

海外渡航の際は、是非ご利用ください。(既に海外におられる場合、VPNサーバーは日本へ配送。VPNXは海外へ配送ということも可能です。ご相談ください。)