テレビからオンディマンドの時代へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカではいち早く解禁されたAppleTV+。AppleTV独自のコンテンツの放送が開始されました。これまではテレビ局がテレビアンテナで放送してきたものをインターネット放送局なるものが配信する形に。テレビ局の時代からインターネット局の時代にシフトしています。

テレビを転送するのは地上波放送ですが、実はこのシグナルレンジが短いのです。例えば、東京にいればその中継基地局から電波が送られてくるため、海外でその電波の受信はできません。しかし、インターネット放送局の場合は、インターネットを経由して配信させる方法のため、海外からでも日本のテレビの受信ができるようになる訳です。

近年の有名なテレビとしては、

AbemaTV(アベマTV)
Tver(ティバー)
Hulu(フール)
Amazon Prime(アマゾンプライム)
Netflix(ネットフリックス)

などがあります。どれも最新の放送をインターネット経由で受信することができます。しかし、海外からの受信には規制がかかっているためそのまま海外のインターネットからつなぐと視聴することはできません。そこで、VPNXという機器を海外の自宅のルーターに取り付けると日本につながるホットスポットWiFiを構築することができるようになります。

従来のVPNですと接続するためのアプリのインストールや、切り替えな土があり面倒でした。さらに1つのアカウントで1台しかつなげないという制約もあります。一家に何台もWiFi機器がある場合はとても不便です。さらにテレビで視聴するということに手間がかかります。AppleTV, Amazon Fire StickなどにはVPNの接続がインストールできませんが、WiFiにつなぐだけのVPNXであればどのような機器でも日本経由にすることができます。

海外に1台取り付けておけば、何台でも簡単に日本のアプリが使えるようになります。インストールなどは一切不要。WiFiを自宅からVPNXに切り替えるだけ。使いたいときに切り替えるだけで家中で日本のアプリお楽しみいただけます。

AppleTVにはカラオケサービスも充実!海外なのに最新のカラオケなんかも楽しめちゃいます。年末のパーティーに一役買ってくれそうです。

VPNXはこちらから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加