海外の家中で日本のテレビが使える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民放地上波見逃しTVerがAmazon Fire TVでサポートされるようになりましたので海外でも簡単に地上波がお楽しみいただけるようになっています。NHK、NHK教育も地上波のインターネット同時配信法案がとおったことから、オリンピックに向けて参戦すると思われます。海外在住者の方でも超簡単に導入できるようになりましたので是非この機会にご利用ください。

海外のテレビで日本のテレビを見る

まずテレビを見る方法は、インターネットの進化とともに2つの方法を選択できるようになりました。

1 日本の地上波シグナルを海外で見る方法(日本にいるのと全く同じ環境を再現)

2 TVer, AbemaTV, Hulu, Amazon Primeなどのオンディマンドコンテンツの視聴

1つ目の方法は、日本の自宅から地上波シグナルを取り入れるため、日本にテレパソという機器を一式設置しご利用いただけます。この方法ですと日本に機器を設置するため、日本と全く同じ環境を海外で再現することができるようになります。例えばテレビをつけて視聴するリアルタイム視聴。録画してからあとで視聴する録画視聴。日付、時間を指定して予約する録画予約など。これらのことがすべてインターネットを経由しフル操作できるようになります。

必要機器:テレパソ(日本設置)

2つ目の方法は、日本のインターネットからコンテンツを閲覧するため、日本に自宅がない場合でもVPNという接続をすることでご利用いただけます。スマホではアプリなどで視聴する場合が多いですが、テレビで視聴したい場合などは、AppleTV、Amazon Fire TVといったようなテレビにつなぐメディアボックスを取り付けることでHulu, Netflix, Tver, DAZN, AbemaTVなどあらゆるオンディマンドコンテンツの視聴が可能となっております。一部オンディマンドコンテンツには地上波も含むためある程度の地上波チャンネルの視聴ができるようになっております。この場合は、日本に設置場所は必要とはせず海外にVPNXという機器を取り付けるだけでご利用いただけます。

必要機器:VPNX (海外設置)

日本に設置できる場合

日本にご自宅がありテレパソを設置できる場合は、日本で行える全てのことが行えるようになります。リアルタイム視聴、録画予約、録画視聴、さらには海外に録画済み番組を転送することができますので、インターネットの回線が悪い環境でも高画質保証での視聴ができます。これまでもオリンピックなどの番組は、ほとんど海外からの視聴ができませんので日本に設置し自宅のテレビを見るという方法で海外からでも2020年の東京オリンピックに参加することができるようになります。

スポーツ競技などでは、動きが激しいため使うフレームが多いため普通のドラマなどの放送とは違い番組データが膨大になります。それに伴い、テレパソもオリンピック仕様にあわせ高処理できるハイモデルをご提供させていただいております。

必要機器:テレパソ(日本設置)

テレパソはこちらから

日本に設置できない場合

日本に設置場所がない場合は、海外の自宅にVPNXを設置することでAppleTV, Amazon Fire TVを丸ごと日本仕様で利用することができます。Amazon Fire TVは、日本のアマゾンでご利用ください。AppleTVは、世界どこでご購入されても結構です。どちらの機種もVPNXのWiFiにつなぐだけで海外でも日本と全く同じコンテンツの視聴をすることができるようになります。

VPNXはこちらから

どちらのケースでも海外のテレビで日本のテレビ視聴ができるようになります。海外のリモートサポートも24時間行なっておりますので是非ご利用ください。

WatchJTVは、海外にお住いの方に向けて2005年よりテレビ録画システムをご提供しております。海外転勤が決まったら是非テレビシステムご導入ください。海外生活が一変します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加