海外の大画面で東京オリンピックがみれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックのような動きの激しいスポーツの動画は、通常のバラエティーやニュースなどより使うフレーム数が多くなるため(その為高画質に見えるわけですが)データ量が膨大になります。ですので日本と同じように高画質に見るためには日本での環境を整えることが重要になります。

海外で日本のテレビ視聴

回線速度の確保

海外から日本のテレビを見るには、日本にテレパソシステムを設置し、海外からアクセスするわけですがこの時に使うのがインターネット回線です。実はインターネット回線には電車のように上りと下りという全く別の2本の回線があります。日本側が光ファイバーであれば上りと下りは同速ですので問題はありませんが、多くの場合光ファイバー以外の回線では上りの速度が下りとは同速ではありません。多くのケースは下りが高速という広告をだしておりますので、上りの速度がどの程度でるのかご確認ください。

例えばNTT光ファイバーフレッツの場合、100Mbpsというプランの場合。これが自宅に届くまでには3分の1程度に減速する場合があります。つまり実測30Mbpsということにアンリます。この数字はあくまでも国内のアクセスの場合に限りますのでこの数字がそのまま海外に転送されるわけではありませんのでご注意ください。

海外からアクセスする場合は、この30Mbpsがさらに10分の1になるとお考えください。国際回線というのはとても細いので3−4Mbps程度しか転送することができません。

ニュースやバラエティーのような比較的データ量の少ないものであれば特には問題ありませんが、スポーツ観戦には10Mbps程度の安定した速度は必須になります。ですので国内であれば問題ない再生でも海外となるとかなり厳しいことが数字からもお分かりいただけるかと思います。

圧縮技術

データが膨大なオリンピックのようなスポーツの視聴を快適に行うには、日本のテレパソ内で高圧縮をかけ人間の目には不要な情報を取り除き転送するという技術が非常に有効になってきます。実は何ギガもあるデータの中には、人間の視覚では必要ない情報がかなりあります。それらの情報を全て取り除くことで膨大なファイルをコンパクトにすることができます。人間の目には特に不要な情報のみを取り除くため画質は高画質なのにファイルサイズが大幅に軽減できます。

このような処理は、地デジチューナーで受信されると同時にテレパソ内で瞬時に行われます。その為、テレパソ自体のスペック(仕様)が高速なものでなければなりません。テレパソで処理されるデータは高速CPUで瞬時に行われる為、海外からでも数十秒の延滞のみで視聴することができるのです。(海外転送までの時差)

リアルタイムでも日本と同じタイミングでの視聴ができるのも大きな特徴です。

海外のテレビでも視聴できる!

海外のテレビはスマートTVであることが多いと思いますが、そこのアプリで PLEX というアプリが使えればそのアプリだけで視聴ができるようになります。テレパソ内にはPLEXサーバーが搭載されておりますのでスマートTVでPLEXが使えるのであればスマートTVだけでテレパソの録画番組の視聴が可能です。

テレビのリモコンだけで操作ができるので、海外のテレビで日本の自宅のテレビが見れるというとても不思議なことが実現できます。

海外のテレビがスマートTV出ない場合やPLEXアプリがサポートされていない場合であれば、AppleTV, Amazon Fire TVなどを取り付けることでPLEXアプリが利用できるようになります。その他、PS4, Xboxなどのゲーム機などでもPLEXはサポートされておりますのでこれらの機器での再生も可能です。

海外の回線環境が悪い場合でも問題なし!

お住いの海外によっては回線が安定しなかったり、時間帯によっては回線が混雑してカクカクしてみることができなかったりということは、海外在住においては起こりえることです。しかしこの場合でもテレパソご利用のお客様であれば全く問題ございません。テレパソは日本に設置しますが、このテレパソと自動通信させる子機パソというものを海外に設置します。

子機パソは常に親機と自動通信を行いますので、録画したものを回線の空いている夜中の時間帯などを使って自動でデータを転送します。このことで録画されたデータは海外の子機パソ内に移ります。再生は海外の自宅のあらゆるWiFi機器で子機パソを探知しますので、海外のどの機器でも同時でも別々の部屋でも自由自在に再生させることができ量になります。

子機パソは海外のご自宅にあるため再生にはインターネットの速度は一切関係なく再生できますので回線速度を気にする必要は一切ございません。

VPNサーバーも搭載!

さらにテレパソには、VPNサーバーも搭載しておりますので先日日本で法案が通りましが、NHK、NHK教育のインターネット同時配信にも対応可能です。これは地上波で放送されている内容が同時にインターネットでも配信されるというもので、基本的にテレビシグナルがなくてもインターネットだけでテレビがみれるというものです。

海外からの視聴であれば、VPNという接続をすることでこれらのインターネット同時放送も海外から視聴できるようになります。オリンピックに向けての法律改正ということですので、どのようなサービスが展開されるのか目が離せないところです。

この他、お手持ちのスマホやアイパッドで操作できるホームキットなど様々なハイテク仕様がご利用いただけるようになっております。

homekit

オリンピックに向けて、ひと足お先にシステム構築しませんか? 快適なテレビ生活かつ、貴重な映像を永久保存しておくことも可能です。テレパソHDシリーズは、オリンピックに向けてハードの処理速度を強化した機器を採用しております。2019年オリンピックモデル。是非ご検討ください。

テレパソはこちらから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加