海外でできなくなること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にいるときはテレビがみれるのも当たり前ですし、日本のあらゆるウェブ上のコンテンツにアクセスできるのも当たり前です。しかし一旦海外に出てしまうとこれらすべてができなくなってしまいます。海外で生活を始める前に海外ではどのようなことができなくなるのか?しっかりと知識として頭に入れておくと現地に行ってからも慌てることなく生活できます。

スポンサーリンク

日本の地上波、BS、CSがみれない

テレビの地上波、BS、CSというのはテレビ局から配信されるため海外に日本のテレビを持っていってもTVアンテナ電波は海外まで届きませんので視聴することはできません。しかし、このテレビのシグナルを一旦インターネットで転送できるフォーマットにした場合、インターネットでそのシグナルを転送することができるようになります。

テレパソ一式を日本に設置しておくだけで海外のテレビで日本のテレビを簡単に視聴することができるようになります。日本側に親機を設置し海外側に子機を取り付ければ、海外の国際回線を使わず(データを子機に自動で移動するため)海外のテレビだけで自宅のテレビ視聴が可能となります。親機からの録画データは子機が自動で海外に転送。海外のTVは自動で子機パソを探知するためアメリカのテレビをつけて日本のテレビを見るという何とも不思議なことが可能になります。子機から再生させるので回線環境に一切依存しません。画質も劣化することなく日本とほぼ変わらない画質が保証されます。

自宅のテレビを海外のテレビで見るならテレパソがオススメです。海外から超快適に日本のテレビ視聴できます。

テレパソはこちら

日本のコンテンツがみれない

例えば見逃し番組 TVer.jp を日本でアクセスすれば何の問題もなく視聴ができますが海外でリンクをクリックするとこのようなエラーがでて残念ながら視聴ができません。

しかし、海外にVPNXという機器をルーターに取り付けるだけで何と日本の回線につながるWiFiホットスポットを構築することができます。PC、スマホなどのWiFiをVPNXのWiFiにつなぐだけで何と日本経由でアクセスすることができるようになります。(PC、スマホ他WiFi機器なら全て対応)

接続はとても簡単です。自宅のルーターに取り付けてあるVPNXのWiFiにつなぐだけで機器を丸ごと日本経由でつなぐことができるようになります。設定もインストールも一切なし。VPNXのWiFiにつなぐだけで完了です。現地に戻したい場合はWiFiを元の自宅のものに戻すだけなので超簡単にVPN接続が行えるようになります。

VPNXは、ポケットWiFiのような小さな機器です。LANケーブル(同封)で海外の自宅のルーターに有線で繋げるだけで設定は一切不要です。(この機器から VPNX WiFi のネットワークが構築されます。)

VPNXはこちらから

Amazon Fire TVが使えない

AppleTVやAmazon Fire TVのような機器は海外のネットワークに繋げますと海外のコンテンツしか視聴できなくなります。(一部のコンテンツ視聴可)

そこで、VPNXを海外の自宅に取り付けVPNXのWiFiに繋げると機器を丸ごと日本接続にすることができるようになります。

Amazon Fire TV, AppleTV, 任天堂スイッチ、XBOX, PS3などなど。日本からお持ちのWiFi機器をVPNXのSSIDにつなぐだけで機器が丸ごと日本経由になります。

インストールするアプリも一切不要。VPNXを自宅のルーターに取り付けるだけでVPN専用WiFi ネットワークを構築します。

これ1台あるのとないのとでは海外生活が大きく違います。是非お持ちください。(手のひらサイズ)

VPNXはこちらから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加