テレパソと家電ブルーレイレコーダーとの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家電の場合テレビ番組を録画保存する場合、ブルーレイディスクレコーダーなどで番組を保存します。ただこの方法ですとブルーレイディスクレコーダーがある場所からしか視聴ができず、残念ながら海外からの視聴ができません。海外在住者のために設計されたテレパソであれば、海外のPCやスマホに番組データを保存可能!海外でも自由自在に自宅のテレビを視聴できます。

スポンサーリンク

テレパソと家電ブルーレイレコーダーとの違い

例えば東芝レグザの場合、レグザをテレビに繋いでレグザで録画しますよね。テレパソは、レグザに繋いでテレパソ本体のハードドライブで録画をします。

テレパソで使える地デジレコーダー機種一覧はこちら

レグザのような家電の地デジチューナーは、インターネットシグナルと互換性がありませんので、海外から視聴ができません。ところがテレパソはPCですのでインターネットにつなぐことでデータを転送できるという仕組みになります。

海外では、AppleTVなどを取り付けるとよりこんな感じでAppleTVだけで快適に視聴できます。(番組データはPCで取り込みPCからAppleTVに出力しますので回線環境不要)

海外に子機パソを設置すれば、子機パソが親機テレパソと24時間自動通信をして録画処理直後すぐに海外の自宅までデータ転送を行います。再生はテレビで簡単にできますのでいつでも日本の番組を海外のテレビでご利用いただけます。(AppleTVはこの場合は不要)

日本のご自宅がある方は、テレパソ一台取り付けてお出かけください。海外の生活が100倍楽しくなりますよー!

年末番組は、日本と全く同じ環境で海外から日本のテレビご利用ください。

テレパソはこちらから

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加