7月2日 9:30AM から藤井聡太4段の歴史的快挙を海外からAbemaTVで視聴!

14歳で歴史的記録を塗り替えしている将棋の藤井聡太4段ですが、将棋のテレビってあまり見たことがなかったのですが今話題ということもあり早速海外から見る方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

将棋が見れるチャンネルって?

将棋の番組は、たまにテレビで見かけることがありますが、今回のような歴史的記録を塗り替えている試合というのは一体どのように行われているのか一部始終見てみたいものですよね。将棋の試合って5時間とか7時間とかに及ぶこともあるそうで、なかなか民放のテレビでは地上波を使って放送するのは難しいカテゴリーのようです。

そこで、今巷で大人気のAbemaTV(インターネット放送局)では、実は将棋の番組だけを取り扱う将棋チャンネルというものが存在します。そのチャンネルで試合開始から終了まですべてテレビで見ることができるようになります。ただし残念ながらそのままでは海外からの視聴はできませんので海外から視聴できる3つの方法をご紹介いたします。

次回の放送は、7月2日 9:30AM から。AbemaTVの将棋チャンネルで14歳の藤井聡太君を応援できます。

海外で藤井聡太君の試合を見る方法その1

オンディマンドスティックを海外のテレビに取り付けテレビで視聴することができるようになります。(VPN Plusが必要な場合もございます。VPN Plusとは、日本のプロバイダーから発行される自分専用のインターネット電話番号となります。これを取得することにより仮想的に日本の自宅経由でのアクセスを構築できます。)

この場合、必要なものは海外側で

1. オンディマンドスティック
2. 必要に応じてVPN Plus (プロバイダーから取得 月々1300円程度)

となります。一番簡単に海外のテレビで導入できる方法です。

海外で藤井聡太君の試合を見る方法その2

AbemaTVは、Amazon Fire TVでも利用できます。オンディマンドスティックとAmazon Fire TVをつなげることにより海外では使えないはずのAmazon Fire TVが海外のテレビで使えるようになります。

この場合、必要なものは海外側で

1. オンディマンドスティック
2. 必要に応じてVPN Plus (プロバイダーから取得 月々1300円程度)
3. Amazon Fire TV(日本のアマゾンでご購入)

となります。一番快適に海外のテレビで視聴できる方法です。

海外で藤井聡太君の試合を見る方法その3

通常オンディマンドの視聴というのは、インターネットの回線がなければ視聴できません。海外から視聴する場合は国内とは違い国際回線を利用するためご利用場所の海外によっては回線が低速の場合、カクカクしたり上手く再生できない場合もあります。そのような場合は、日本のご自宅にテレパソPlusを設置することで解決してきます。

テレパソPlusとは、海外ではなく日本のご自宅に設置する機器です。海外からはPCやスマホでアクセスし地上波、BS、CSはもちろんAbemaTVの録画予約、録画転送もすることができるようになります。レコーダーでテレビ録画予約をするのと全く同じ感覚でAbemaTVの録画が行えます。

すでにテレパソユーザーの方は驚かれるかもしれません。地上波、BS、CSに加えてAbemaTVチャンネルが26局すべて追加されています。これに加えTVerチャンネルも追加しております。

みたいチャンネルを選択し、日付、時刻を録画予約することで自動で録画が開始されます。

録画後は、海外のTVにデータを転送できますので海外のテレビで回線を機にすることなくゆっくりと視聴することができます。

この場合、必要なものは日本側に設置する機器で、

1. テレパソPlus $1099
(VPN録画ご希望の場合は$100オプション追加)
海外の回線の悪い方、保存をご希望の方はこちらからVPN録画オプションをご選択ください。
2. 地デジレコーダー(地上波、BS、CSの視聴もご希望の場合)
3. AppleTVがあるとテレビでの視聴が簡単です(オプション)

テレパソPlusは、地上波、BS、CSが視聴できるテレパソの機能に加え、AbemaTV, Amazon Prime, DAZN, TVer, Radikoなどの録画ができるようになる次世代のレコーダーです。世界中でまだどこにも存在しない最新のテクノロジーをお楽しみいただけます。まだ先行販売となっておりますので上記リンクよりご利用いただけます。

結論

日本に設置場所があるかたは、テレパソPlusを日本に1台設置して行けば海外から地上波、BS、CSに加えインターネットテレビの録画予約、録画転送、永久保存ができるようになります。

海外の回線環境が不安定、低速である方でも間違いなく快適に利用することができます。

日本に設置場所がない場合で、海外の回線がある程度確保できる場合は、オンディマンドスティックがオススメです。海外側のテレビに取り付けるだけで設置は完了。Amazon Fire TVと繋げば、丸ごとVPN接続できますのでAmazon Fire TVのリモコン1つで様々なオンディマンドを海外のテレビでお楽しみいただけます。

さあ、気になる7月2日 9:30AM。どこまで快進撃が見れるのでしょうか?楽しみですね。

スポンサーリンク