海外赴任家族が鬱になるのは国内の3倍!家族を鬱にしない為の対策はこれだ!

海外赴任が決まったら。。。後回しになりがちですが一番重要なのが海外での日常生活です。はじめの3ヶ月はバタバタしてしまうので忙しすぎて考える暇もないことですが、ふと6ヶ月経った時に襲ってくる海外生活の家族のストレス。襲われる前にしっかりと対応しておきましょう。

スポンサーリンク

日本語の環境をつくる

海外でのストレス軽減の一番の方法は、常に日本語に触れている。ということです。海外に出てしまいますと買い物もご近所さんもすべて日本語以外の環境で過ごさなければならなくなります。そんな時、家の中だけはいつもと同じ日本の環境を作ることで海外生活のストレスは一瞬で吹っ飛びます。

海外赴任前は、”郷に入っては郷に従え” と思う人も多いかと思いますが、海外の人はそんなふうに思っておりません。自分のカルチャーは他国に住んでいてもしっかりと守る。それで良いと思います。自宅に帰ればいつものようにテレビが見られいつものようにラジオを聴き、いつものように雑誌をめくる。。。週末にはレンタル映画で家族団らん。そんな環境を海外でも構築して行くことを強くお勧めいたします。

海外のテレビで自宅のテレビを受信する

ITが発達した現代では、海外のテレビで直接自宅のテレビを受信することができるようになります。

必要なもの:

テレパソ(日本の自宅に設置)

オンディマンドスティック(海外のテレビに取り付ける)

たったこれだけで日本の自宅のテレビをリアルタイム、録画、録画転送と日本で行っていたすべてのことが海外でもできるようになります。

AppleTV medipaso

またテレパソには、VPNという機能も付いておりますので海外からはアクセスできないHulu, Netflix, DAZN, AbemaTVなど日本と全く同じようにアクセスできるようになります。

海外でも妥協しない画質

海外だから画質が悪くても仕方がない。と思っていませんか?テレパソをご利用であれば海外の大画面テレビで日本と同じ画質で日本のテレビを視聴することができるようになります。海外で日本語放送なんて契約する必要もありません。ワンセグ画質で我慢する必要もありません。日本と全く同じ画質で視聴できるのがテレパソHDです。

ワンセグはテレビでは見れません。(画質が悪すぎます)

ストリーミングは、海外の回線に依存します。(低速だとみれません)

テレパソは、大画面で見れる画質処理。回線に依存しないダウンロード機能を搭載しています。これは他社ではカバーされていない海外在住者の為の重要な機能です。

海外で起きるさまざまな障害

海外では日本とは比較できないほど回線トラブルが発生します。また回線環境も日本と違いかなり低速です。海外に行ってから見れないじゃない。では家族のストレスは倍増します。確実に日本のテレビを見れる環境の構築は渡航前の重要な準備となります。

WatchJTVのテレパソが海外で確実に視聴できる理由は、録画した番組を海外まで転送できる点です。通常ストリーミングというのは、データは日本で海外から視聴するというものですがテレパソは、海外までデータを丸ごと送ってしまうのです。(郵便やEMSではありません。インターネット上で即時転送できるのです。)

豆知識:海外では国際回線を使ってテレビを見ますが国際回線はたったの4Mbps程度(多くはそれ以下)しかでません。日本では光ファイバーでは60Mpbsでる速度で利用している世界です。いかに回線速度が悪いか渡米前に認識しておきましょう。(ストーリーミング再生の場合回線が足りなければ視聴はできませんが、テレパソならこの欠点もダウンロード機能でカバーしています。)

その為、番組データが海外にあるため100%視聴できないという状況が起こらないのです。今日は回線が悪いからテレビ見れなくてごめん。などという言い訳は一切不要です。

海外でも充実サポート

テレパソをご利用いただくもう一つの利点は海外からのサポートです。多くの業者は “海外での動作は保証しません” というものが大半でサポートも海外からはわかりません。という回答が殆どです。テレパソは、海外在住者が快適に使えるように設計しておりますので海外赴任者が実際に海外に渡航した後も引き続きサポートを行っております。

ユーザー様のみご利用いただける専用サポートページで個別サポートを受けられるのも海外で困った時の強い味方になります。

海外で家族を鬱にしない対策として

海外赴任では、多忙な仕事のスケジュールをこなしながら、家族のケアーもしなければなりません。渡米後6ヶ月で多くの配偶者が鬱になることもよく知られている事実です。日本のテレビを配偶者、お子さんが自由に見れる環境にしておけば少なくとも時間を持て余すということがなくるほか、それを聞いた他の日本人が遊びに来るというきっかけ作りにもなります。

実際とある大企業の駐在の奥様。日本では非常に活発に行動されていた方なのですが、アメリカに渡米後6ヶ月引きこもり状態になった方おられました。英語がわからないのと運転ができない(日本では運転は必要なかった為)ということでずっと引きこもっておられました。

ある時、公園でお子さんを遊ばせていた時に知り合った方がテレパソユーザーでテレビを見に来ない?という一言から関係が構築され今では心の支えとして駐在生活を満喫されております。

ちょっとしたケースですが海外での日本語環境が日本では想像できないほど大きなものであるということは言うまでもありません。

テレパソを導入すれば海外赴任は成功する!

海外赴任終了されたお客様からは、いつもたくさんの感謝の言葉をいただいております。

“海外赴任の5年を乗り切れたのも一切不自由しなかったテレビのおかげと実感しています。次回また海外赴任になった際は必ず再度利用させていただきます。本当にありがとうございました。”

”海外で鬱になりかけていた時に夫が導入してくれたテレパソ。テレビが毎日みれるというだけで一人で家にいる時間がいままでと大幅に変わったこと。とても感謝しております。”

さまざまなコメントをいただいておりますが、テレパソはご自宅に設置してご自宅のテレビをみるという単純なものです。これだけでリアルタイムも録画予約も録画視聴も録画転送もオンディマンドなどの規制も一切なくなる環境で海外生活を送れるようになります。

海外の不便を一掃するテレパソ。是非海外赴任の際にはご活用ください。海外だからといって面白くないテレビを見る時代は終わりです。海外にいても日本と同じ画質でしかも海外のテレビで日本のテレビ視聴できます。

ご購入はこちらから

スポンサーリンク