海外在住歴20年が教える海外で日本のテレビを見るための3つの方法

海外で日本のテレビ視聴

海外赴任、海外生活が決まったらテレビが見れる環境を整えてから渡航されますと、現地での生活が120%快適になってきます。現在、海外で日本のテレビを見る方法としては、大きく分けて3つの方法があります。1つ目は、現地のテレビ局との契約(日本語放送)、2つ目はインターネット上のオンディマンド放送の見逃し番組の利用、3つ目は、日本のご自宅につなげて自宅のテレビを海外からみるという方法です。

スポンサーリンク

1. 現地のテレビ局の日本語放送

海外のケーブルテレビを契約しますと、必ず日本語放送を行っているチャンネルが存在します。これらの地元のテレビ会社と契約することで、海外からでも日本のテレビを見ることができるようになります。

1-1. JSTV

欧州・中東・ロシア・北アフリカ地域でお住いの方が利用できる日本語放送局です。JSTV1とJSTV2という2チャンネルがあります。JTV2の方は子供向け番組も多く放送されています。

JSTVのサービスについてはこちらから

1-2. Japan TV

アメリカ全土をカバーしている日本語放送局です。1チャンネルで24時間日本語放送が流れ続けます。

TV Japanのサービスについてはこちらから

1-3. 視聴方法

海外でこれらの日本語放送を視聴するには、3つの方法があります。衛星放送(サテライトDishを設置)、ケーブル会社との契約、IPTV(インターネット経由)での受信(セットトップボックス設置)で海外で日本のテレビを受信することができます。

以下はハワイで日本語放送を見る場合のケースですが、ケーブルテレビ、衛星放送、IPTVという3種類の受信方式から選択。それぞれのプロバイダーと契約してテレビで視聴するという形になります。

Japan TV

通常どのサービスでもセットトップボックスが支給されますのでそれをテレビにつなぎ、チャンネルを合わせて視聴するという形です。ハワイのケースであれば、チャンネル678でTime Warnerケーブル会社と契約すると月々$33.95で視聴できるようになるということになります。(その他設定費用初期費用などがかかります。)

多くのケースでは、現地のケーブル会社と契約後、追加チャンネル(日本語テレビ)という形の追加オプションでご利用いただくのが一般的です。アメリカでは下記のような様々なケーブル会社があり、各プロバイダーによって価格もマチマチです。

 COMCAST
  Digital Economy $29.95 per month 45+ Channels
TIME WARNER
  Starter TV $19.99 per month 20+ Channels
COX
  TV Economy $24.99 per month 155+ Channels
Verizon FiOS TV
  FiOS TV Local/Select $10 or $34.99 per month 60 Ch or 185+ Ch Pachages
 AT&T U-verse
  U-family TV $29.99 per month 140+ Channels

1-4. 視聴できる番組

日本のようにNHKはch1, フジテレビはch8 というようなカテゴリーになっているのではなく、チャンネルは日本語放送として1チャンネルしか用意されていません。その中で、NHK、民放が時間を区切って放送されるという形になります。

視聴できる番組は、かなり限られていますが、各ページに番組表がございますのでごらんくださいい。

JSTVで視聴できる番組

Japan TVで視聴できる番組

1-5. コスト

工事費用、初期設定費用などもございますが、月々の費用としては、

JSTV      £30 EUR(英国) = 3600円程度

Japan TV $30 (ドル)         = 3500円程度

ということで同じくらいになります。海外駐在平均滞在3年と言われておりますので、3年利用したということで計算しますと

かかる費用 13万円程度 (その他、工事費用、初期設定費用あり)

程度ということになるかと思います。(為替の状況によって金額は違います)

1-6. 結論

実際に使ってみて放送されている内容があまりにも少なすぎるのが印象的でした。またイチローなどの大リーガーなどのインタビューの時などは、音声しか流れず画像は静止画状態ということもしばしばありました。(著作権上のようです)

多くの番組は、自分の好みと違うことが多い為、見たいものが見れるというものではないのでインターネットが復旧するまえには有意義なサービスだったと言えますが、現代に於いては少し時代遅れのサービスかもしれません。

とはいえ、海外のテレビでテレビが映るのですから、海外在住者にはありがたいサービスです。

2. インターネット放送局からの視聴

日本語放送に変わるものとして、インターネットでの視聴という方法が新しい形として普及しています。近年日本のテレビ番組はインターネット局を立ち上げ、無料/有料でコンテンツを販売、提供しています。

インターネットのある環境であれば、簡単に視聴ができますので、海外在住者でも簡単に日本のテレビを導入できるサービスです。

以下にご紹介するサービスは、かなり日本のテレビを見るときと近いものばかりなのですが、すべて海外からの直接アクセスはできませんが、VPNという接続を利用することで海外からでも日本のテレビが視聴できるようになります。

VPNサービスについては、こちらからご参照、利用ください。

2-1. TVer.jp

日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビなどの民放各局が集まって日本で放送された直後の番組を1週間だけインターネットで視聴できるサービスです。

メンバー登録も、費用もかからない公式サイトからの動画視聴です。海外からの場合は、このような方法で視聴ができます。

TVerを海外から視聴する方法

2-2. AbemaTV

テレビ朝日系列のインターネットテレビ局です。現在26チャンネルのチャンネルがありますが、テレビで放送されたニュースやドクターXの過去番組の再放送。AbemaTV独自のコンテンツなどが話題になっています。

AbemaTVは業者VPN接続を規制しつつありますので、自宅にVPNサーバーを設置することで海外からでも確実に視聴ができます。

自宅にVPNサーバーを設置してAbemaTVを視聴する方法

業者委託のVPNは、IPアドレスが1つで複数と共有しているため、VPN規制がかかりやすくなります。自宅にVPNサーバーを設置すればIPアドレスは、自分専用となりますので、規制対象にはならず確実に視聴が可能になります。

近年のテレビ番組のオンディマンド化によりVPNに規制をかけてくることが将来的に予想されますので、お早めの対応が必要です。(Netflixは業者経由のVPN接続に既に規制をかけております。)

2-3. Hulu

日本テレビに買収されてから、日本の番組のセレクションが増えてきています。放送直後の番組から、過去のシリーズ番組、映画に至るまでかなりのコンテンツで海外から日本の番組を楽しめるようになっています。

視聴方法はPC、スマホなどがメインですが、AppleTV, Amazon Fire TV (日本で購入)をつなげば、テレビだけで海外からHuluの視聴をお楽しみいただけます。

appletv-hulu-ready

海外在住者が海外でHulu(日本)を見るときに注意すること5つ

2-4. Netflix

Netflixは、一番初めにインターネットでテレビ番組がみれるようになったサービスです。テレビ番組や映画などが豊富なのに加え、海外のコンテンツも充実しています。

Netflix利点は、海外のTVだけで視聴ができるという点です。海外のテレビにはこのようにスマートTV機能がついておりほとんどのテレビでNetflixが視聴できるようになっています。

tv-netflix-logo-check

Netflixはソフトコーディングなので、機器によってつながるサーバーがハードコードされておりません。(Huluはハードコードです。)ですので、海外のテレビをVPN接続すれば、海外のテレビだけで日本のNetflixが視聴できるようになります。

netflix

海外で購入したテレビのHDMI端子に、オンディマンドスティックをさします。

オンディマンドスティックとLANケーブルでテレビのLANにつなげます。

これで、テレビを丸ごとVPN接続にすることができます。つまり、テレビにあるNetflixのアイコンから日本のNetflixにアクセスするというようなことができるようになります。

ただし、Netflix以外のアイコンは日本からのアクセスのため逆に利用できなくなります。AppleTV, Amazon Fire TVなどにもNetflixは搭載されているのでAppleTVをVPN経由にする方法の方がオススメではあります。

2-5. dTV

NTTドコモが提供している動画サイトです。コンテンツも豊富でてテレビ番組や映画などの視聴に加え、レンタル動画なども海外から行うことができます。

カラオケなどのサービスもあり、海外ではあまり利用できないカラオケバーも海外の自宅で再現できるのが嬉しいところです。

dTVは、AppleTVでサポートされておりますので、海外どこで購入したAppleTVでも視聴することができます。

appletv-dtv-menu

dTVをAppleTVで海外から視聴する手順

2-6. U-Next

U-NextもdTVと同様様々なテレビ番組、最新映画などが提供されているサービスです。こちらはゲームなども充実しておりますが、大きな点は書籍の利用ができることです。

U-Nextと契約すれば、海外では手に入りにくい雑誌や書籍が読み放題になります。

unext3

スマホの端末での視聴もできますので場所を問わずどこからでも書籍の閲覧ができるようになります。

U-Nextは、Amazon Fire TVでサポートされておりますので、日本からご購入の上海外のテレビに繋げることでご利用いただけます。

U-Nextを海外から利用する方法

2-7. NHKオンディマンド

NHKは、2019年までにテレビ放送すべての配信をインターネット放送に変更すると発表しています。これに伴い、各局も一斉にオンディマンド配信に踏み切ることが予想されます。

VPNサーバーを自宅に設置してから海外に渡航されますと不便なことが便利に変わります。

2-8. Radiko

テレビ番組ばかりではありません。現代では、ラジオの視聴もインターネット経由で行うことができます。

ラジコ(Radiko)というサービスでは、日本で放送されているすべてのラジオの電波をインターネット経由で聞くことができます。

海外からラジコを聴く方法

通勤中の車の中でも日本のラジオが聴けるなんて素敵です。

2-9. YouTube

こちらはお馴染みの動画サイトです。国によっては海外規制があるようですが、VPN接続をすればこれも回避できます。

何のサービスも、海外からアクセスができませんので、オンディイマンドスティックをご用意いただくと設定一切なくシームレスに海外からVPN接続ができるようになります。

オンディマンドスティックはこちらから

3. 日本の自宅のテレビを海外で受信する方法

ある程度の番組がインターネット経由で視聴できることがわかりましたが、そうは言ってもすべてのテレビ番組を見れるというわけではありません。インターネット放送ではまだまだ限られたコンテンツに過ぎませんので、最後に日本と全く同じように視聴ができる究極の方法をご紹介いたします。

基本的に日本の自宅で視聴できる放送は、地上波、BS、CS(こちらは有料)の3波です。これらは自宅のアンテナ線からしか受信できないシグナルです。これらを視聴するには、必ず3波を受信できる場所(日本の自宅)が必要になります。設置できる場所があるようであれば、海外のテレビまでシグナルを転送することができます。

3-1. 地上波、BS、CSを海外のテレビで受信するシステム

これまで1のサービスは、現地ケーブル会社からのセットトップボックスでの受信、2のサービスは、インターネットテレビ局からん受信ということでご紹介してきましたが、3番目では、自宅のアンテナからの受信についてご紹介します。

ケーブル会社を使えばセットトップボックスがついてくるように、日本の自宅のテレビシグナルを海外のテレビで受信するには、メディパソという機器が必要となります。メディパソを取り付けたテレビでは、

直接自宅の地上波、BS、CS、オンディイマンドが受信できます。

3-2. 仕組み

海外のテレビで日本のテレビを受信する?何か不思議な気がしますが、仕組みはとっても簡単です。

テレビアンテナには、テレビやレコーダーがが理解できるシグナルが流れています。

インターネットには、コンピュータが理解できるシグナルが流れています。

cable-chigai

テレビシグナルとインターネットシグナルは全く互換性がありませんのでそれを互換性のあるものにする処理を行うのが、テレパソです。しかもただの処理ではありません。日本と同じ画質で視聴できるような処理です。

シグナル変換

テレパソは、日本でお使いのレコーダーに取り付けることでインターネットが理解出来るシグナルに変換しインターネットで海外まで地上波、BS、CSを転送することができるようになります。

ondemand-stick-livetv

それをテレビで直接受信するのが、メディパソ(上)です。メディパソを取り付けたテレビでは、日本のテレビ放送が日本と同じように流れてくるようになります。

つまり、

アンテナ線=>テレパソで変換=>インターネット=>メディパソで受信=>海外のテレビ

ということができるようになったのです。今までPCやスマホでの視聴はできましたが、テレビだけで受信ができる画期的なシステムです。

3-3. 視聴できる番組

地上波

BS

CS(ご契約の場合)

オンディマンド

リアルタイム視聴

録画済み視聴

録画予約

番組表

転送機能(SDカードに保存もできます)

ダウンロード機能

クモパソ(外付けハードドライブ)があれば個人動画、写真

3-4. 受信できる機器

テレパソが日本に設置されていれば、PC(マック、ウィンドウズ)、スマホ、AppleTV他様々な機器で受信ができます。メディパソを海外のテレビにさせば、海外のテレビだけで受信ができるようになります。

telepaso-medipaso

3-4-1. 海外のテレビ

メディパソを取り付けた海外のテレビであれば、どのテレビでもまるで日本の自宅のテレビのように日本のテレビが普通に映るようになります。メディパソではHomeKitが使えますので、iPad, iPhoneをお持ちであれば、iPad, iPhoneが手元のリモコンになり海外から日本のテレビを超簡単に操作することができるようになります。

homekit-ipad-iphone

また、HomeKitでは、ボイスコマンドでの利用も可能ですので、Siriに話しかけるだけで日本のテレパソを操作できます。

“Hey Siri, テレビつけて”

というだけで、海外のテレビから日本のテレビの視聴が可能となります。

Hey Siriでテレビがつく!テレパソHomeKitの設定手順

3-4-2. AppleTV

テレパソの機能の1つであるファイル自動転送(ポッドキャスト機能)を利用しますと、回線環境の悪い海外の環境でも確実に海外から日本のテレビを視聴することができます。

テレパソでの録画後、自動で海外まで転送。AppleTVで再生すれば、回線速度によって生じる画質の劣化やコマ落ちなどが一切ない日本と同じ高画質での視聴が可能になります。

podcast-appletv-features

海外では回線が遅すぎて視聴ができなかった、カクカクして今日は見れないなどということは日常ですので、確実に番組を丸ごと転送できるシステムをご選択いただくことが重要です。

3-4-3. PC(ウィンドウズ、マック)

PCでのアクセスはとても簡単です。インターネットブラウザからテレパソにアクセスをすることで、PCでのフル操作が可能です。

stick-livetv

3-4-4. スマホ (iOS、Android機器)

ライブ視聴も録画予約も録画視聴もとても簡単にご利用いただけます。手のひらだけで自宅のテレビにアクセスできる喜びはこの上ありません。もちろん番組をダウンロードして保存すれば、接続料もかからず海外でも安心してご利用いただけます。

ipad

4-4. 費用/必要なもの

テレパソHDまたはテレパソHDライト

メディパソ(海外のテレビでご希望の場合のみ)

現在キャンペーンチューにつき、テレパソHDとメディパソセットで12万円弱でのご提供となります。(USドルでのご決済となりますので換算レートによって変わってきます)

このセットさえあれば、海外で何不自由ないテレビ生活が確保できます。海外サポートも充実しておりますので、安心して導入いただけます。

海外から日本のテレビが視聴できるシステム購入

5. 無料相談受付中

ITの進歩により海外で日本のように暮らすことが簡単にできるようになってきています。海外だから海外のテレビしか見れない。のではなく、海外だからこそ日本のテレビを見てストレスを発散させたいものです。

10万円かけても海外では日本のテレビが映るテレビは購入できませんが、テレパソを導入されることで、今お持ちのテレビから日本のテレビが流れる環境を構築できるようになってきています。

今日ご紹介した何の方法でも海外から日本のテレビの視聴が可能です。皆様の海外在住生活におけるテレビというエンターテイメントがより快適でより日本に近いものになると良いと思います。導入はしたいけれど、技術的によくわからない。何を取り入れたら良いかわからない。などテクニカルに関するご相談がございましたら一度ご相談ください。

cta-preshindan自分の自宅の環境でうまく設置ができるか心配な方。ご安心ください。シリコンバレーの専門知識を持ったネットワークのプロがが皆さんの設置環境を無料診断いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

お名前 (必須)



Emailアドレス (必須)



年齢 (必須)



日本のインターネット環境
光ファイバーケーブル会社ADSLわからない


日本のテレビ電波環境
屋根からのアンテナCATV(ケーブル会社)フレッツ光テレビわからない


ご懸念事項

スポンサーリンク