日本の書籍を海外で取得する方法

海外によっては、日本の書籍、雑誌、お子様のための絵本などが比較的手に入りやすい紀伊国屋がある国もありますが、その値段は3倍。おまけに帰国時に持って帰るのがかさばる書籍。この方法で解決します。

スポンサーリンク

アメリカではすでに見つからない本屋さん

日本ではまだまだあちらこちらにある本屋さんですが、アメリカでは数年ほど前から本屋がなくなっています。ちょっと本を買おうかなーと本屋を探しても本当にご近所には見つからないのです。

アメリカ人は本を読まないのでしょうか?

いえいえ。アメリカではAmazon Kindleが日本より随分前から復旧しており、今ではオンラインで電子書籍を購入することがごくごく当たり前となっています。

絵本、雑誌、新書からすべて1つのディバイスで管理できるのです。

カラーの雑誌もスマートディバイスで

AmazonというとKindle(キンドル)ですがキンドルばかりではなくスマートディバイスであれば同じように利用ができるのも復旧した大きな理由です。

iPadの大画面で雑誌をみたり、絵本をみたりすることもできます。本のようにかさばることもないのでアメリカの絵本を購入しても置き場所に困ることはありません。

書籍は購入すればするほど場所をとること、重量が重いこともあり、結局帰国時に持って帰るのを諦めるという赴任者が多いのも事実です。

ですがやはり日本の雑誌や本は読みたいものですよね。これを機に電子書籍をお勧めいたします。iPad, アンドロイド,キンドル様々な電子機器で最新の雑誌や書籍を海外からもお楽しみいただけますし、場所をとらずに永久に保存することも可能です。

海外からの利用にはVPN接続!

電子書籍には、紀伊国屋、Amazon、楽天Kobo等様々ございますが、海外でつないだスマホでは利用できない場合がございますので、海外からの利用には少々注意が必要です。

しかし、そのような規制があった場合でもVPN(日本にいるような接続)を利用することで、海外でお手持ちの機器が日本接続になります。

オンディマンドスティックをテレビに取り付け、WiFIルーターとつなぎます。たったこれだけで家中が日本接続に早変わりします。

オンディマンドスティックWiFiルータ設定手順

VPN接続した環境ではすべての機器が日本接続に早変わりします。テレビに1本取り付けるだけで日本の環境を専門知識一切なしで構築できます。

VPNが簡単に構築できるオンディマンドスティック。大好評発売中です。

ご利用はこちらから

日本にテレパソを設置すれば、オンディマンドスティックで自宅の地デジも受信できます。

スポンサーリンク