海外で失敗しないテレビ環境作り

現在他社のストリーミング機器を利用しておりますが、録画、ライブ視聴とも途切れ、途切れの視聴になってしまいます。テレパソにすればこんな環境でも見れるのでしょうか?

スポンサーリンク

インターネットの国際線

海外に住んでいると突然回線が途切れ途切れになったり、時間帯によっては超低速になったりと日本では全く予想できないことが普通に起こります。残念ながら回線の問題は機器ではどうすることもできませんので改善策はありませんが、回避策はあります。

インターネットでストリーミングというとYouTubeなどの動画視聴がまず頭に上ると思います。海外でYouTubeはサクサク見れるのに、日本に設置したストリーミング視聴がカクカクする。実はこれには理由があります。

YouTubeは基本的に国内の回線で国内からデータを取り寄せるようになっています。YouTubeのデータは各国にあるサーバー内にキャッシュ(保存)されているので実際には国内で再生できるようになっています。

それに反して、日本のテレビは日本の自宅にデータがございますので、再生が国内ではなく、国際間の回線を通して通信をすることになります。

例えばアメリカのプロバイダーで契約している場合で、国内の速度を測定しますと353Mbps出ていることがわかります。

speed-test-local

全く同じ回線、同じPCで日本にあるサーバーの速度テストをします。つまり国際回線を使った速度テストです。

speed-test-direct

たったの4Mbpsしかでないのです。353Mbps出る回線で、4Mbpsですからいかに国際回線が細いことがお分かりいただけるのではないかと思います。

つまり、一般的にYouTubeの720HDの視聴には 2.5Mbps以上の速度、1080HDの視聴には4Mbps以上が必要という表記がございます。おおよそストリーミング視聴に必要な速度がこの程度とお考え頂くと参考になると思います。

YouTubeは国内で再生できますので、353Mbpsに対し4Mbpsの動画はサクサクです。しかし日本にあるサーバーから引っ張ってくるのにはかなり難しいのがわかると思います。上記を踏まえても海外からHDをストリーミングでみることは現状の回線環境では不可能なことがわかると思います。(弊社の実験でもHD1080のストリーミングはカクカクします。)

上記の4Mbpsあくまでも一人で使う回線ですから、このほか自宅でほかの人がiPadを使っていたりYouTubeを見てたりすればさらに回線が遅くなります。

つまり国際回線はかなりストリーミングにはギリギリの速度で視聴しているということになりますし、海外ユーザーは、かなり画質を落としてストリーミング視聴をされていることになります。(スムーズ再生させるためには画像を落として配信するため)

ダウンロードとストリーミングの違い

上記の通り、国際回線速度が4Mbps程度あれば、スムーズ再生は可能ですが明日はどうか?というと何せギリギリの回線なのでかなり危険が伴います。

あー。昨日はサクサク見れたのに今日はなんだか見れない!海外では本当に頻繁にそのようなおことが起こります。

このような回線の問題は、解決することはできませんが回避することができます。テレパソであれば、日本で録画をしてから番組を丸ごとダウンロードできますので100%確実に高画質HDの状態で視聴ができます。

ストリーミングとダウンロードには大きな違いがございます。それはデータの再生場所です。ストリーミングの場合は、データは日本にありそこから蛇口をひねりデータを取り寄せながら視聴します。

ダウンロードの場合は、蛇口をひらき一旦バケツに水をためてから、使いたい場所に移動しバケツの中の水を別の場所で使うというイメージです。つまりデータは海外に移動します。海外にデータが移動することで、再生がお使いのPCからになるわけですので回線が不要という理解になります。

この機能が海外では非常に重要なのです。

海外で失敗しないテレビ環境作り

一旦海外に出てしまいますとなかなか日本に戻ることもできません。海外赴任が決まったらもしくは、一時帰省などで日本に戻ることがあったならテレパソをご自宅に設置していただきますと海外のテレビ生活が大幅に改善してきます。

海外での劣悪な回線事情に振り回されることなく、いつでも高画質のHD画質での視聴が保証されます。テレパソのポッドキャスト機能では、アイコンを無料ソフトiTunesにドラッグ&ドロップするだけで完全自動で録画後の番組をダウンロードすることができます。

itunes-drag-drop

一度登録してしまえば、後は完全自動。録画したものが自動でダウンロードされてきます。

iTunesとAppleTVは自動で通信ができますので、あとは海外のテレビにつないだAppleTVで視聴するだけ。リモコン1つでサクサク高画質を視聴できます。カクカクは100%しませんし100%高画質保証です。

telepaso-itunes

一度転送した番組ファイルは、iTunesソフトで一括管理が可能。だから家中のどのテレビでも簡単に視聴ができるようになります。

忘れてはならないVPN接続

さらに、テレパソには標準でVPNサーバー機能もついてきます。VPNサーバーというのは、海外からアクセスできないHulu, Tver, Radiko,電子書籍など様々な日本国内のサービスを自宅経由でアクセスできるというもの。

海外のPCやスマホ、WiiU, PS4,Xbox, AppleTV, Amazon Fire TVなどなど、すべて日本接続にすることができるようになります。

テレビの視聴はもちろん、映画のレンタル、日本のゲーム、オンライン対戦、日本仕様のソフト、書籍、雑誌、ラジオなどなど。すべてのエンターテイメントがテレパソ1台で劇的に変化します。

海外でのエンターテイメントの不自由が一切なくなるテレパソ! 年末番組まだまだ間に合います。是非ご利用ください。

テレパソ詳細はこちらから

スポンサーリンク