海外の速度が悪い場合はテレパソ

オンディマンドスティックの購入を検討しています。海外でオンディマンドスティックが上手く動作したら、テレパソの導入も検討しています。このようなお問い合わせをよくいただきますので海外の速度についてご案内いたします。

スポンサーリンク

海外の速度は低速です

基本的に順番としてテレパソで快適だからオンディマンドスティックも導入するという順番が海外では良いと思います。というのも、オンディマンドスティックはVPNの接続ができる機器ですがTverもAmazon Fire TVもdTVもU-Nextもすべてストリーミング配信になります。

ストリーミング配信というのは回線の都合で動作が左右します。さらに国際回線でつなぐので速度的にある程度余裕のある国でなければ快適な環境は期待できません。

反してテレパソは、ダウンロードしてから視聴できる機器なのでストリーミング配信とは全く違い回線には全く依存しません。つまりテレパソならどんな海外でも動作しますと言い切れますが、ストリーミング配信は回線次第です。という言葉がついてきます。

WiFiはさらに低速に

弊社ではオンディマンドスティックとAmazon Fire TVの組み合わせを推奨しております。Amazon Fire TVにはスティック状のものもありそちらは安価なのですがアマゾンスティックには有線をつなぐ口がありません。

fire-tv-stick

そのためオンディマンドスティックと無線の機器をつなぐにはこのように無線ルーターを設置しさらにその無線ルーターにAmazon Fire Stickを繋ぐというダブル無線状態になってしまいます。

hdmi-ondemandstick-many-router

論理的には動作しますし、ある程度速度の確保できるプランをご利用であればそれでも問題ないのですが、2つ無線を使うので速度的にはあまり期待できません。

特に中国、タイ、インドネシア、アルゼンチンなどといった回線環境があまり良くない国からご利用になるには2重無線はお勧めしません。

ondemand-stick-amazonfire-

このように有線でオンディマンドスティックとつなぐことがお勧めです。また機器が安定してこない(動画がカクカクする)場合は、必ず速度チェックをお勧めいたします。

速度テストの手順

テレビ出力をHDMI1に戻しオンディマンドスティックのシステム設定画面に戻します。オンディマンドリストへアクセスのリンクをクリックします。

ondemand-list-access

回線速度チェックをクリックして速度測定をします。

speedcheck

フレッツ光で測定します。

speedcheck1

3.8MbpsあればHDで余裕で視聴ができます。

japan-vpn-speed

0.026Mbpsというような数字が出た場合は配線に問題がないか確認してください。あまりにも低速ですのでご家庭内の無線に問題がある可能性がございます。

speed-slow

自宅内のWiFiの電波の強さを測るには、こちらのようなアプリが便利です。

無線の速度が遅い場合の対応

Amazonなどで販売されているコンセントにつないでLANを中継できる機器が便利です。(この場合設定はAutoでの設定になります。直接有線でつなぐため)

bad-wifi-solution

この機器は自宅のWiFiが届きにくい場所などでもコンセントを経由してインターネット電波を利用することができます。この接続の場合は設定はAutoでご利用ください。

困った時は?

オンディマンドスティックには、遠隔サポートボタンがございます。問題がある場合、必要をご選択のうえ、設定反映をおしてそのままご連絡ください。遠隔よりお手伝いいたします。

ondemand-setting-help

オンディマンドスティックは、EMS便で日本から海外のご自宅にお届けします。

WatchJTVオンディマンドスティックはこちらよりご利用ください。

回線が2Mpbs以下の場合は、テレパソをお勧めいたします。

スポンサーリンク