海外生活でのストレス解消方法を教えてください。

海外での生活はストレスがたくさん。環境の違いや生活の違い、言葉の違いなど様々な要因があります。しかしこれを取り入れればストレス解消間違いなし!駐在員経験者がこっそり教える海外在住中に一番ストレス発散になったものとは。。。

スポンサーリンク

日本のテレビ

amazpntv-plex

何と言っても大人気だったのが日本のテレビの導入です。WatchJTVのテレパソを日本の自宅に設置してから渡航すれば、海外のテレビをつけるだけで日本と同じ地上波、BS、CS(CSは日本側でのご契約が必要です)のシグナルが海外のテレビで受信できるようになります。

テレビをつければそこは日本。多くの駐在員の方がテレビの存在に救われているのが現場です。疲れて帰ってきても自宅に戻ればお茶の間は日本。リビングのソファーにゆっくりと座りながら大画面70インチのテレビでゆっくり高画質の日本のテレビを見れるのは海外ではこの上ない贅沢です。

設置はとっても簡単! 弊社推奨レコーダーに、テレパソ一式を繋げるだけ!HDMI-haisen

たったこれだけで、日本で見ていたあの高画質のHDの画質のまま海外の大画面テレビで視聴することができるようになります。

必要なのは物理的設置のみ!全ての機器には色のスティッカーをはってありますのでどなたでも簡単に設置ができます。

VPN接続

いまやこれがなければ海外には出れないほど重要なものです。実は海外にでてみると日本からのE-mailが受信できないとか、Googleが検索できない(日本の結果が出てこない)というような想像もしなかった規制がかかっていることが多々あります。

例えば、プレーステーション日本仕様を海外で使おうとすると

no-access-amazon-fire-tv

こんな表示が出て使えなくなります。Amazon Fire TV, AppleTV, dTV, U-nextなどなど、日本で使っていたすべての機器がこのような表示になり使えなくなってしまうのです。

しかし、VPNという接続さえあればこれが一気に解消します。海外のテレビに1本オンディマンドスティックをさすだけで接続が日本接続という扱いになり海外からの規制が回避できます。(スティックをさした機器がすべて日本にあるのと同じ扱いになるため)

ondemand

日本で売っているどんな機器もオンディマンドスティックさえ経由させればすべて日本と同様に海外からも使えるようになるというものです。

ondemand-amazonfire

さらに、このようにオンディマンドスティックは日本に設置してあるテレパソに直接アクセスができますのでなんとこのスティック1本持ち歩くだけでどのテレビでも日本のテレビ、オンディマンドが視聴できる夢の環境を手にすることができるようになります。

ondemandstick-features

日本の書籍

海外では手に入りにくい書籍。これはとても貴重です。最近では電子書籍なども利用できるようになりましたので、海外でも簡単に日本の本を入手できるようになっています。

上記のVPN接続を利用することでKindle, 紀伊国屋書店、Koboなど様々な書籍が海外から利用できるようになります。VPN接続をしませんと、海外からは購入できないので海外在住者にはVPNは必須の環境です。

結論

いかがでしたでしょうか?海外生活をストレスなく過ごすには、なるべく日本で過ごした環境を崩すことなく生活することが重要です。せめて家の中だけは日本の快適な状態にすることが海外生活をより快適に過ごすコツになるのではないかと思います。

日本で必要なもの

テレパソHDシステム(日本に設置)

オンディマンドスティック(海外持参、テレパソご利用の場合はテレパソと一緒にご購入ださい。テレパソと一緒にご購入であれば月々の費用はかかりません。)

たったこれだけで海外生活からのストレス解消できます。テレパソHDはストリーミング配信やワンセグとは違い日本で見ている時とほぼ同じ画質での視聴が100%保障されるシステムです。ぜひご検討ください。

スポンサーリンク