体操の内村さん団体金メダル!

オリンピック生放送は本当にドキドキしますねー。今シーズンは初の高画質HD視聴なのでかなり期待度が高かったのですがもう選手たちの細かな動きがHDでみれて感激です。

スポンサーリンク

テレパソHD映像が綺麗すぎます

オリンピックの放送では、ミリセカンド単位のスローモーションなどで状況を説明してくれるシーンが多いのですが、やはりHDの画質は違います。目では追いつけない速度の画像を鮮明にスローモーションでみると汗が飛び散る映像までもが綺麗にくっきりと視聴できます。

今まで海外からの視聴でしたので、どうしてもはっきりくっきりとは行かなかったのですが、テレパソHDになってからは人の表情はもちろんですが、後ろに座っている観客席の表情までピントがあってみれるのですから、やはりHDの画質というのは違うものです。

70インチの大迫力!

70インチの大画面で見る金メダルの着地の瞬間はまさに感動ものです。まるで自分もアリーナの中に吸い込まれるかのような勢いで日本選手と一体になって応援できます。時期アップル社からでるiMacはすでに5Kの時代といわれていますが、テレビの標準が4Kになる日もあまり遠くないのかもしれません。

テレパソは海外から日本のご自宅のテレビを1080HDで視聴が可能な家電では実現できないコンピュータ型テレビ録画サーバーです。1080HDの膨大なデータから人間の目では必要ないデータを瞬時に計算し取り除くことで海外まで転送できるデータに圧縮することができます。

コンピュータならではの処理で海外のテレビでも迫力のHD画質を転送することができるのです。

比べてみてください

海外からだから画質は仕方がない。そう思っている方は一度この画質を比べてみてください。この画面は小さいYouTubeの画像ですが、これが大画面70インチに引き伸ばされるとその画質の違いがはっきりとわかります。


特にスポーツの場合は、フレーム数というのが必要になってきます。ワンセグやストリーミングでは画質を落としているためこのフレーム数が大幅に少ないため全力疾走で走る選手は滑らかではなく、カクカクしてきます。

テレパソHDであれば人間の目に見えないデータのみ削除し圧縮するのでこのようなことは一切起きません。スムーズで滑らか、かつシャープな映像で海外からも快適にお楽しみいただけます。

設置は超カンタン!

1 日本のご自宅のアンテナ線にレコーダー(弊社推奨)を設置。アンテナ線とつなぎます。

2 テレパソHD一式をレコーダーに繋ぎます。

3 テレパソをインターネットに繋ぎます。

たったこれだけの作業で海外のテレビでくっきり高画質な日本の地上波、BS、CSをお楽しみいただけます。

設置が不安の方は一度プリ診断でご相談ください。

スポンサーリンク