海外単身赴任: 日本の妻のPCを遠隔サポート

海外単身赴任になりました。日本側の自宅のPC機器やNASへ海外からのアクセスしたり、子供達、妻のPC、タブレットのリモートサポートを考えています。どのようなプランが良いでしょうか?

スポンサーリンク

PC遠隔サポート

日頃頼りにしていたお父さんが単身赴任となれば、お子様や奥様のPCやタブレットの管理など非常に困ると思います。全く問題ございません。自宅にVPNサーバーを構築すればすべてが解決してきます。

用意するもの

日本に設置するもの

VPNサーバー(親機)

VPNサーバー設置

VPNサーバーを日本のルーターにつなげます。設置はこれだけです。すべてのセキュリティー設定、ルーター設定は専門家の弊社にお任せいただけます。

VPNサーバーを日本に設置後は、日本の同じネットワーク内にあるすべての機器に遠隔からアクセスできるようになります。

もちろんこの事で海外から自宅に接続し、オンディマンドの視聴も可能となります。

http://www.watchjtv.com/list

日本側のサポートしたいPCへの準備

日本でサポートをしたいPCには予めTight VNCというソフトをインストールしておきます。この事で常時外部からアクセスできるようになります。

自宅のVPNへアクセスするので基本的にすべてのPCの操作からプリンターまで操作可能となります。

NASへのアクセス

VPNで自宅にアクセスしたあとは、NASで提供されているインターフェイスで操作が可能です。LAN IPをタイプするだけで簡単にアクセスができます。

タブレットへのアクセス

タブレットの遠隔サポートは少々厄介です。タブレットはPCやNASとは違いタッチベース(物理的に指で外部から画面を操作する)のため、VNCのような機能はありません。

iPadなどの遠隔サポートは、相手の操作している画面が見えないので非常に困難です。(これはたとえVPN接続しても困難です。相手の操作内容が見えない状態でサポートするため。)

そこで、タブレットサポート専用のタブサポスティック(β版8月販売開始予定)を日本のご自宅のテレビに取り付けます。その事で相手のタブレットの操作状態を遠隔から見る事ができるようになります。

相手の見ている画面をリアルタイムで遠隔から確認しながらリモートでサポートする事ができるようになります。(操作はできませんが相手が見ている手元の画面を遠隔から見れるようになりますので相手が何をしているかわかるためサポートがとてもしやすいです。)

ご希望の方はテストユーザーでご提供しておりますのでお問い合わせください。

スポンサーリンク