夏の大特価!今年の夏は是非高画質な日本のテレビ環境を!

海外の回線環境が悪い環境でも100%快適に高画質保障のテレパソ。テレビコンピュータサーバーだからできるストリーミングではできない高度なシステムです。

スポンサーリンク

海外からは速度に限界がある!

業界には様々なストリーミング機器がございますが、これらは本来国内で使うことを前提としています。なぜ国内なのでしょうか?それは国内と海外での回線速度が10分の1も違うためです。

国内でインターネット高速回線を使う場合平均的に30-50Mbps程度の速度がでます。ところが同じ回線環境で海外からアクセスすると何と3Mbpsまで速度が減速します。下記はアメリカ国内で測定した結果(56Mbps)、右側は同じ環境で日本との回線を測定した結果です。

hawaii-network-hikaku

これは海外からのアクセスは国際回線を通るためです。このことを知らない方はとても多いのですが、海外に行ってから何で見れないの?という理由はここにあるのです。最近のデータはHDですから最低でも10Mbps程度は安定して欲しいところです。1Mbpsでも十分見れるという謳い文句もございますが、これは高画質で快適に見れるということとはかけ離れています。

高画質ではデータ量が必要ですからストリーミング視聴ではある程度の限界があります。番組が止まったり動いたりということが数回までは我慢できても10回起きたら見る気がしなくなるのではないでしょうか?

海外にはダウンロード視聴が必須!

このような状況を避けるには丸ごとデータを録画し転送することが一番確実です。そのためには録画後、番組データをインターネットで転送するための様々な下準備が必要となってきます。

new-haisen

それをコンピュータの技術でこなすのがテレパソです。

テレパソは、録画と同時に人間の目には見えないデータのみ削除し高画質を保ちつための条件が揃うデータのみ集め圧縮します。膨大なデータ処理を録画終了と同時に行います。

そのことでインターネットでも数分でダウンロードできるようなファイルを既成できるのです。一旦データが海外に移動すれば何回再生しても回線がなくても常にHDの高画質で視聴できます。

テレパソは他のストリーミング機器とは違い高額ですが、ストリーミング機器ではこのような処理をせずデータを垂れ流しで転送するだけのためコンピューティングの為のシステムは不要です。テレパソではこのような機器とは全く違うデータ処理を確実に行い海外の方でも快適に100%視聴ができるテレビ録画サーバーシステムなのです。

サザエさん30分番組がたった3分待ってから視聴すれば快適に視聴できるならストリーミングより快適です。(テレパソではもちろんストリーミング視聴もできますがほとんどの方はダウンロードでご利用されていますことからも海外回線があまり良くないことがわかると思います。)

テレパソHDこの夏設置しませんか?

今回のテレパソは画質が違います!1080HDの最高画質からワンセグサイズの最低画質まで全てのファイルサイズに対応できます。海外の回線に余裕がある方は大きなテレビ画面で日本と同じ画質で地上波、BS、CSすべて快適にご利用いただけます。all-featuresこんなテレビ生活始めませんか?全ての機器で高画質視聴できます。

テレパソは期間限定売り切り御免セール実施中です。

スポンサーリンク