知らなきゃ損!スマートテレビにすると海外生活がこんなに快適に

最近よく耳にするスマートテレビという言葉ですが、皆さんのご家庭ではスマートTVご利用でしょうか?実はこのスマートテレビでなんと日本のテレビを受信できる方法があるのです。そうです。今お使いのスマートテレビで日本のテレビが見放題なんです。。。。知らなきゃ絶対損です。

スポンサーリンク

スマートテレビとは?

従来のテレビはアンテナ線やケーブル会社から供給されているテレビアンテナ線をつないで映像を受信するというのが一般的でした。

IMG_3595

しかしスマートテレビというのは、このアンテナ線がインターネットのLANケーブルに変わったものでアンテナ線からではなくインターネット経由でテレビのシグナルを受信することができるテレビなのです。箱にもSmart TVと明記してあるのでわかりやすいと思います。

この背景には、各テレビ局がテレビ番組をインターネット配信に切り替えたことが原因です。アメリカでは10年も前からテレビ局が全コンテンツをインターネット配信しています。日本でも遅ればせながらすべてのテレビ局が一部のコンテンツではありますがインターネット配信を開始しています。

皆さんのテレビでも見れるかも!

テレビアンテナ線は、短距離しか運べないため近所の電波塔からテレビシグナルを受信してきました。その為テレビはその地域の範囲でしか映らないのが常識です。しかしスマートテレビを活用すれば転送範囲が世界に広がるため日本にいなくても海外から日本のテレビを視聴できるということが実現できます。

tv-back

テレビの背部を見てみてください。アンテナ線の他にインターネットの線がある方はスマートテレビの可能性があります。この線からなんと日本の番組が丸ごと受信できるようになるのです。

スマートテレビでできること2つ

スマートテレビでできることは、

オンディマンドで提供されているコンテンツの視聴(Hulu, Netflix, Tiver, U-Next, dTVなどのようなコンテンツ)の他に日本の自宅のテレビの受信ができます。(地上波、BS、CS)

オンディマンドで提供されているコンテンツの視聴

まずオンディマンドで提供されているコンテンツは

tv-ondemand

のようなコンピュータやスマホで見れるお馴染みのコンテンツです。これらがそう。今お使いのテレビで映るようになるわけです。恐らく今確認されていやいや。映らないよ。という人はご安心ください。あなたのテレビでも映るようになる方法をご紹介いたします。

ondemand-tv

このテレビについている1本のスティック。手のひらにのる小さなスティックです。これをお手持ちのテレビのHDMIにこのように挿すだけで、なんとたちまち海外のテレビが日本のスマートテレビに早変わりします。

stick-tv-hdmi

このスティックはWatchJTVでカスタマイズされた特殊な設定がされているオンディイマンドスティックで海外のテレビに挿すだけでテレビを丸ごとスマートテレビにすることができるようになります。

ご購入はこちらより(海外のご自宅にEMSでお届けします。)

このスティックは単独でも使えるのですが、もっとすごいのはこれらのオンディマンド機器とつなぐことでこれらの機器も丸ごとVPN接続できるという点です。

all-equipment-appletv

例えばAppleTV, Amazon Fire TVは海外で使えば日本のコンテンツは使えませんが、オンディマンドスティックとつなぐだけで丸ごと日本仕様でご利用いただけます。

設定もインストールも一切不要。シームレスでAppleTVのリモコンで海外のテレビから日本のコンテンツをお楽しみいただけます。

これめちゃくちゃ便利なんです。例えばAmazon Fire TVには、d-TV, U-Next, Hulu, Netflix,などなど様々な大手のサービスがたった1台の機器に入っているわけです。動画の切り替えも操作も1つの機器ですべてシームレスに行えます。

さらに日本に設置場所は一切不要で、海外のテレビに挿すだけで利用ができますので今すぐでも始められます。日本から信頼の高いEMS便でお届けできますので4−5日で世界中にお届けできます。

海外在住者から現在大好評をいただいております。

このスティックであれば中国のようなYouTubeが規制されている国からでも全く問題なくYouTubeの視聴が可能となります。(*中国の規制事情にもよりますが)

日本の自宅のテレビの受信

海外のテレビがスマートテレビになることは上記の通りですが、実は皆さん本当に見たいのは地上波、BS、CSといった日本で見ていたテレビなのではないでしょうか?

実はこのオンディマンドスティックは、日本の自宅のテレビシグナルを丸ごと海外のテレビに運ぶことができます。

そもそもアンテナ線から出るシグナルとインターネットから出るシグナルは全く互換性がない為、直接繋げてもお互い理解ができません。そこで翻訳してくれるテレパソというシステムを日本に設置します。

このことでスマートテレビで日本のテレビシグナルを海外で受信することができるようになるのです。

テレパソの設置はとっても簡単です。通常日本でテレビを見るには

テレビ本体

ブルーレイディスクレコーダー

この2セットでテレビを見るかと思います。このセットを

テレビ本体  テレパソ

ブルーレイディスクレコーダー

の2セットにすることでなんと海外までシグナルを丸ごと転送することができるようになります。

テレパソを日本に設置するとできることたくさん

テレパソを日本に設置すると退屈な海外のテレビがこんなに充実してきます。

ライブ視聴

野球中継、サッカー中継、アイススケート中継はもちろんオリンピックも大画面で日本の感覚で視聴ができます。

番組表閲覧


7日先までの番組表もこの通り海外の大画面に表示されます。

番組予約

見たい番組があればその場で録画予約も可能!

録画済み番組視聴

録画した番組はその場で再生!

プレイリストで連続再生

プレイリスト機能を使えば見たい番組連続再生で視聴ができます。海外のテレビで24時間次から次へと日本の放送が流れっぱなし。。。。

録画ファイル(MP4)の転送もOK

何と言っても目玉の機能はこちら!実はテレパソでは番組を丸ごと転送できるので海外側にデータを保存できるのです。オンディマンドスティックの外付けSDカードにサクサクとデータを転送すれば回線を切ってもどこでも視聴が可能になります。

テレパソ設置方法

テレパソは日本の設置場所にお届けいたします。日本ではもう1台テレビを買ったようなイメージで設置ができます。テレビは海外の物を代用しますので、本来テレビにつなぐブルーレイディスクレコーダーをテレパソにつなぐだけで設置完了します。

テレビ本体  テレパソ

ブルーレイディスクレコーダー

telepaso-isshiki

手順1:ブルーレイディスクレコーダーの準備

ブルーレイディスクレコーダー推奨機種どれでもご利用いただけます。価格が一番安いものをご選択ください。(ブルーレイディスクの機能は使いませんのでどの機種でも動作は同じです。)

シャープアクオス(BD-580 or 570)
パナソニックディーガ(DMR-BR160
パナソニックディーガ(DMR-BRS500 , 510

手順2:テレパソ一式の配線

テレパソは必要なものすべてパッケージ化してお届けしておりますので、(ブルーレイとテレビアンテナをつなぐアンテナ線、HDMI以外)これ以外にご用意いただく必要は一切ございません。

ブルーレイレコーダーにHDTVアンテナボックスをつなぎ、テレパソをインターネットに繋げば設置は完了です。

設定も一切不要ですので電源をつけましたら弊社のサポートが難しい設定はすべて引き継ぎます。

2-telepaso-isshiki

手順3:海外での準備

海外ではPCやスマホで視聴される場合は必要なものは一切ありません。テレビで上記のように視聴されたい場合はオンディマンドスティックをご利用ください。またオンディマンドスティックでなくともAppleTVやAmazon Fire TVなどでの視聴も可能です。

海外で回線の速度が遅いという場合はAppleTVをご利用ください。自動転送プログラムが使えますので海外に録画ファイルを丸ごと転送してからみることで海外の回線が悪い環境でも100%高画質視聴が保証されます。ご利用はこちらから今すぐこちらのリンクよりご利用ください。

テレパソ購入

海外の退屈なテレビが日本のテレビに大変身します!podcast-appletv-features

スポンサーリンク