日本でAppleTVを使っています。海外でも同じように使えますか?

AppleTVを日本でお使いの場合でそのまま海外に持って行ってつなげても日本で使っていたようには使えません。しかしあるものを1本テレビにさすことで海外でも全く同じようにAppleTVを使うことができるようになります。

スポンサーリンク

用意するもの

日本で使っていたAppleTV(海外で新しく購入でも可)

Appleアカウント(日本)

オンディマンドスティック

USBキーボード/マウス

LANケーブル1本

HDMIケーブル1本(AppleTV用)

手順1

AppleTVとオンディマンドスティックを有線LANケーブルでつなぎます。

Appletv-haisen

手順2

テレビのHDMIスロットに配線済みのオンディマンドスティックとAppleTVをそのままつなぎます。

stick-tv-hdmi

海外のテレビの画面から入力をHDMI1に切り替えてオンディマンド設定画面をひらき、システム設定画面を開いてください。一番上の項目よりご自宅のWiFiにつなぎます。

LAN IP: のカッコ内がご自身のWiFi名になっていることをご確認ください。初期値はics数字 になっておりますのでこのままでは動作しません。必ずご自宅のWiFiにつながっていることを確認してください。WiFiを選択からご自身のWiFiを選んでパスワードを入力の上設定反映をクリックしてください。

wifi

下記のように有線の部分に USB-LANが探知できませんと表示されている場合は、AppleTVとオンディマンドスティックが非通信の状態ということになります。有線で物理的に不接触がないかご確認の上、

ondemand-simple-setting1

Shared のボタンをクリックし、設定反映をクリックしてください。このことで有線の欄に数字が表示されます。Mode=shared となっていることでAppTVとオンディマンドスティックが通信できたということになります。

wifi2

手順3

VPN接続状態からモード選択をクリックし、watchjtv-xxx または fuji-xxxxの接続を選択、設定反映をクリックしてVPN接続状態が接続中になることをご確認ください。

ondemand-vpn-on

手順4

画面一番下の左ボタン電源を入れ直しをクリックして、オンディマンドスティックを再起動させます。設定が反映されていること、WiFiに自分のWiFiネットワークが表示されていること、VPN接続が接続中であることを確認してください。(VPNが接続でない場合は再度手順3の通り接続してください。再起動は不要です。)

ondemand-reboot-vpnuser

手順5

再起動後、1−4がすべて正常なことをご確認下さい。これでオンディマンドスティックの設定は終了です。

ondemand-stick-shared

利用開始

オンディマンドスティックの電源はそのままで、テレビの出力をHDMI2に切り替え、AppleTVをご利用ください。この状態でオンディマンドスティックを経由したVPN接続でのご利用が可能です。AppleTVはこの時点で日本経由でのアクセスとなりますので、日本にいるのと全く同じコンテンツを海外でもお楽しみいただけます。AppleTVの専用リモコンで操作してください。

appletv-hulu-ready

海外からの必要通信速度

AppleTVでは 2Mbps-4Mbpsの通信速度を推奨しております。

スピードテストであらかじめ速度をご確認ください。(VPNに接続すると速度がテスト結果より多少減速します。)

オンディマンドスティックは、難しい設定一切なしでシームレスにAppleTVをVPN接続できるカスタマイズされたディバイスです。トラブルがあれば遠隔サポートでいつでもご相談いただけます。

現在世界中で大好評です。お住いの国のテレビに取り付けて今すぐご利用ください。AppleTVは世界共通ですのでどの国でお求めになっても日本仕様でご利用いただけます。(電源も共通です)

ご購入はこちらから。

スポンサーリンク