ハイレゾを海外から楽しむ方法

ハイレゾとは、ハイレゾリューション(高解像度)のことです。 「ハイレゾ音源」とは、スタジオで録音したマスターが持っている情報量により近い高解像度の音源(データ)のことを指します。 CDよりも情報量の多いハイレゾ音源はきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現する事ができます。(hd-music.info/html.cgi/support_03.htmlより)

スポンサーリンク

ハイレゾとは?

テレパソユーザーは、大きく分けてSDシステムとHDシステムでご利用の方がおられますが、SDシステムは一昔前のDVD程度の画質に対しHDシステムでは1080HDの解像度で視聴ができます。この違いは主に画質の良さ。目に見えてわかる映像の違いです。

  • DVD → 480i = 画素数:720×480  >>テレパソSDシステム
  • Blu-ray → 1080p or 1080i= 画素数:1920×1080    >>テレパソHDシステム

数字を見てみると歴然ですが、大画面テレビで見れば見るほど画質の良さがわかるということになります。(逆に言えばiPhoneの小さな画面だけで見るのであればあまり違いはないということです。)

gashitu

実はこの高画質=映像に対して音源も高画質にすることができます。こちらは目ではなく耳で聞いてわかる音の違いです。

通常歌手がスタジオで録音する際は、データ量を一切圧縮することない最大限のファイルサイズで録音をします。これに近い音源をハイレゾというのですが、通常一般的に便利で利用しているMP3の5倍から10倍とファイルサイズが大きくなります。そもそもMP3は、iPodの出現で小さな機器にたくさんの音源を入れることを目的に開発され爆発的に広まりました。しかし実際のファイルサイズはCD音源より小さく人間の耳に最低限必要な音まで圧縮してしています。

つまり、時代の流れでしょうか?アナログからHDへ。HDから4Kへより高画質を求める時代とともに、音源もMP3からCD音源へ、さらにハイレゾ音源へという動きが2014年頃から始まっています。

ハイレゾを聴くには?

ハイレゾが2014年頃からブームになりだしたきっかけとしてハイレゾ再生ファイル flac というファイルがオンラインで購入できるようになったことです。今までは手に入りにくかったハイレゾ再生ファイル flac というフォーマットのファイルが手軽にオンラインショップで利用できるようになったことが大きなきっかけだと思われます。1曲から簡単に購入ができ、USBなどにダウンロードし自分の好きなプレーヤーで再生をする。今まではできなかったことが手軽にできるようになっています。

ハイレゾを聴くには

1. 音源を入手する。(ファイルをUSBなどで保存ができるオンラインサイトを利用)

VICTOR STUDIO HD-Music
hd-music.info

2. 再生プレーヤー(オンディマンドスティックにはVLCがインストールされております。)

この2点で海外のテレビでハイレゾをお楽しみいただけます。多くの日本のサイトのハイレゾサイトは国外規制がありますので、(海外から購入する場合このようなエラーがでます。)

victor

オンディマンドスティックでアクセスすることでダウンロードも簡単に行え、ダウンロードもオンディマンドスティックのマイクロSDにそのまま保存しそのまま海外のサウンドシステムで再生ができるというわけです。

ondemand-apple-tv-hi-res

海外からハイレゾも楽しめる環境をオンディイマンドスティックで構築できます。オンディマンドスティックでお楽しみください。

ご購入はこちらから

このオンディマンドスティックで日本の自宅のテレビも見れます。自宅のテレビを見るには日本のご自宅にテレパソを設置。こちらからご利用ください。

*日本には様々なオンラインで購入できるハイレゾサイトがございますが、中には特殊なアプリからしか再生できないタイプのサイトもございます。オンディマンドスティックでご利用の場合は、必ずファイルとしてUSBまたはマイクロSDに flac ファイルを保存できるサービスでご利用ください。

スポンサーリンク