“嵐にしやがれ” も海外からHDで視聴!

10月から様々なオンディマンドのサイトから民放テレビが無料で見れるようになっているのですが、よくよく中身を見てみると “自分の見たい番組がない” ことに気がつきます。オンディマンドの見逃し無料ではあくまでもテレビ局が一方的に選択した番組10本程度の提供ですので無料とはいっても自分の見たい番組ではない場合は半減します。見れないよりはましですが、自分が見たい番組を自由に見れる環境はやはり最高です。

スポンサーリンク

見たい番組をどれでも選べる自由!

やっぱり見たいのはテレビでしかやっていない番組!秋になるといろいろなスペシャル番組が目白押しですが、先日 “嵐にしやがれSP” 90分版 というような特別番組がありました。結局日本と同じように見たいのはこんな番組なわけで。。。

こんな番組が録画できてしかもHD画質で永久保存できて何度でも海外で視聴できる。。。こんなささやかな喜びであるわけですが海外生活をがんばろうと思う源にもなります。昨日別の番組をみていて今夜スペシャル放送!というCMを見て慌てて録画予約をいれました。

arashini-shiyagare

こんな感じでバッチリ録画できてます。日本でのコマーシャルを見て海外から即録画できるなんて、テレパソ利用歴10年になりますが今でもまだ感動します。日本では当たり前に見れるテレビですが、海外でこの操作ができる喜びはこの上ありませんよね。

海外回線は想像以上に遅い!

高画質で視聴するには回線問題がつきものです。海外の回線は日本では想像以上に低速で決してストリーミング再生でHDを視聴できる環境ではありません。ここ先進国アメリカでさえも日によっては速度がとんでもなく低速になったり、ご近所が一気にアクセスする時間帯では急に速度が落ちたりします。(日本では考えられないと思いますが。。。)

こんな状況で日本で録画したものを直接視聴すれば、カクカク止まったり顔の輪郭が崩れたり、文字が読めないなど様々な低い回線ゆえの問題が様々起こります。カクカク止まったり動いたりが5回続ければもうみる気はなくなります。せっかくの娯楽のテレビなのに残念ですよね。

しかしテレパソではHD画質のまま丸ごとダウンロードできるのでどれだけ回線が悪くてもどれだけご近所が混雑していても再生に一切影響しません。HDの高画質のまま大画面テレビで日本にいた時のように大好きなテレビ番組を好きなように視聴できます。

HD画質での推奨速度は12Mbps。そんな数字が出る海外在住者はおりません

画質をHD画質で確実にスムーズ再生するには、現時点の国際回線では正直かなり厳しいのが現状です。具体的に数字で見てみると納得してくると思います。

日本ではアクトビラという高画質視聴ができるオンディマンドがあるのですがこちらのサイトでの必須回線は実測12Mbps確保が必要とあります。12Mbpsでようやく高画質の映像がみれるというわけです。もちろん日本国内であれば12Mbpsくらい問題ないでしょう。しかし海外ではおそらく1Mbps-3Mbpsがせいぜいです。本当の意味での高画質を高画質のままインターネットで視聴するには、実測12Mbpsという海外では考えられない高速スピード回線が必要なのです。

akutobira-kougashitu

今、アメリカから比較的空いている時間帯で測定してみましたが、ご覧の通り(海外は30Mプランで利用しています。アメリカでは高速のプランです)。現時点の速度たったの3Mbpsです。アクトビラの推奨する高画質での必須環境12Mbpsという数字をみても海外から高画質のままでの視聴が難しいことは数値から一目瞭然です。

多くのストリーミング機器ではHD対応としていますが、実際に運べる画質はSD程度です。現在の国際回線でHDをHDのまま見ることは、ファイルを丸ごとダウンロードしない限りできないのです。

3mbps

データ無制限など海外プランではありえない!

ストリーミング再生で簡単に海外から見れるのは便利なのですが、現実問題海外のデータ量は無制限プランはありませんから(あっても高額です)WiFi以外で視聴することは、現実的にありえないことになります。実際私自身も出先でテレビを見ることはありません。(データ使用制限をすぐ過ぎてしまうため)ですので結局のところ自宅のWiFiでしか見ないのであれば、あまりモバイルでみれる意味がありません。

テレパソではファイルは海外に移動していますので、ファイルをモバイルに直接移動することができます。このことで回線を使用することなくいつでもどこでも回線のない場所で再生が可能です。

iTunesでは、自動で5つの動画のみ移動するというような便利な機能もありますので見たいものはiPhoneに移動して外出時に見るという方法であれば自分のデータ量を使うことなく外出先でテレビを見ることができるようになるわけです。

日本のレコーダーにテレパソをつなげば自由なテレビ生活実現!

haisen

日本にあるレコーダー(ブルーレイディスクレコーダーなど)にテレパソをつなぐだけで地上波、BS、CSすべてのコントロールを海外から行うことができるようになります。遠く離れた海外から番組を予約し、海外のPCまで録画完了後自動で転送してくれます。

海外では大画面で視聴したり、モバイルに移動したりと海外の過酷な回線環境に依存することなく高画質での視聴が100%保証されます。どんな家電でも丸ごとファイルを転送できるものは存在しません。コンピュータ型テレパソだからできる高画質処理。海外赴任前に一台設置してからお出かけになれば海外生活がもっと楽しくなります。

設置ができるか心配な方は、一度ご相談ください。

スポンサーリンク