AppleTVのNetflixやHuluを海外から日本の吹き替え、字幕で見る方法

AppleTVでは、複数のAppleIDを追加することができます。例えば、アメリカのiTunesから登録したアカウントと、日本のiTUnesから登録したアカウントの2つがあるとします。アメリカのIDでログインするとアメリカのコンテンツ(映画、音楽)が表示、購入することができるようになりますし、日本のIDでログインをすれば、日本のコンテンツを購入することができるようになります。AppleTVには世界各国のAppleIDを登録して使い分けることが可能です。

スポンサーリンク

海外ネットワーク規制

AppleIDは使い分けることができるのですが、問題が1つあります。AppleTVがどこのインターネットにつながっているのか?これによってコンテンツの規制がかかってきます。例えば、AppleTVをアメリカの赴任先のテレビにつないだとします。AppleIDは日本で登録したものでログインしても、一部のコンテンツは利用できなくなります。これはAppleTVが海外で接続されているためです。

例えば、NetflixやHulu,JリーグオンディマンドなどAppleTVのメインコンテンツも日本語表示にはなりません。たとえNetflixの登録を日本で行ったとしても、海外でAppleTVをつなぐ限りは日本語字幕、日本語音声ではAppleTVでは視聴できなくなってしまいます。

VPN接続

海外からアクセスできないオンディマンドは、一旦海外のインターネットを日本につないでからアクセスすることでPCやモバイルでアクセスすることができます。PCやモバイルにはVPN専用のソフトがあるためにそれを設定することでそのような経由を変更する接続が可能となります。

残念ながらAppleTVにはそのような機能がついておりませんので、(テレビ、プレステ、WiiUも同様です)PCやモバイルのようなVPN接続というものができません。しかし、この “オンディマンドスティック(VPN子機)” をテレビにつなぎ、インターネットと接続することで、それが可能となります。

VPNの仕組みを知る

VPNというのは必ず2対で動作します。VPN親機とVPN子機です。親機子機でいつも1つのネットワークを構成できます。VPNの親機は必ず日本のどこかに設置しなければなりません。そして子機は海外に設置します。そのことで親機子機が常に通信し、VPNを構築できるのです。

”オンディマンドスティック(VPN子機)” は、テレビ画面から簡単に ON (VPN接続)、OFF に切り替えられます。配線は一切変更する必要はありません。テレビ画面から”オンディマンドスティック(VPN子機)”の設定画面より、オン、オフの切り替えだけで海外、日本接続に切り替えることができます。
このオンディマンドスティックにAppleTVをLANケーブルでつなげることでなんとAppleTVをVPN接続にすることができます。
AppleIDは、日本でログイン、VPNはON の状態では、海外にいてもAppleTVは日本版でアクセスができるようになります。
AppleIDは、アメリカでログイン、VPNはOFF の状態では、海外にいてもAppleTVはアメリカ版でアクセスができます。
このようにテレビに”オンディマンドスティック(VPN子機)”を取り付けるだけで簡単にAppleTVをVPN接続にすることができるのです。

自宅に親機を置く

日本のルーターにつなぐだけで設定は一切不要で親機を構築できます。自宅に設置するので一番安全な方法です。

ondemand-no-pc-kaigai

業者に親機を置く

日本にあるサーバー内に親機を設置しそこと子機を常時つなぐようにする。

ondemand-no-pc-amazon

他業者のVPNを使う

インターネット上にはたくさんのVPNサービスがありますのでそのようなサービスを使いそれを親機とする。

ondemand-no-pc-gyosha

いずれの場合も親機はすべて日本に設置され、子機は手元(海外)においておくわけです。このことで子機は常時親機とつながるため子機につなげたすべての機器は日本経由でのアクセスができるという魔法のようなことが起こります。

どこに親機を置くか?

上記3つの選択肢で親機を設置することができますが、具体的にどのようなことをすれば良いか詳細に明記してゆきます。

自宅に親機を置く場合

オンディマンドスティックVPN(親機)を日本の電源コンセントとルーターに有線でつなぎます。これで電源スイッチを入れていただくだけで親機設置完了です。
必要なもの:

オンディマンド親機 $199 (送料別) + (月$5.99)
LANケーブル1本

詳細はこちらのリンクより
ondemand-server-manual

Amazonに親機を置く場合(JP VPN接続サービス)

オンディマンドスティックVPN(親機)の機能を日本のアマゾンのクラウド他に置く方法です。日本側での設置作業は一切不要です。

必要なもの:

初期設定費用: $20 (月$14.95)

詳細はこちらのリンクより

業者のVPNを使う場合

業者のVPNサービスを利用することも可能です。(利用できない業者もございますのであらかじめご確認ください。)

必要なもの:

初期設定費用: $20 (月$5.99) *別途ご契約の業者のVPN接続が必要です。

詳細はこちらのリンクより

子機の設置

子機は海外側(使いたい側)に設置します。VPNの接続設定ができるコンピュータやモバイルでの利用であれば子機は不要です。VPN設定ができない海外のテレビ、AppleTV,WiiU,プレーステーション他どのような機器でも子機(オンディマンドスティック)があればVPN環境にすることができます。

必要なもの:

子機オンディマンドスティック $199(送料別)
LANケーブルまたはルーター(例えばAppleTV, PS3, WiiUを全部まとめてVPN接続環境にしたい場合など)

アメリカ国内または日本への配送ご希望の場合
ご利用はこちらのリンクより

アメリカ日本以外の海外へ配送ご希望の場合
ご利用はこちらのリンクより

スポンサーリンク